天王寺の見どころ

てんのうじ

東京都台東区谷中7-14-8

投稿
67 0 189
約1ヶ月前
天王寺,見どころ,Myutan

谷中 天王寺の旧山門と地蔵堂です。

訪問日2020/01/11
64 7 191
約1ヶ月前
天王寺,見どころ,Myutan

【立ち寄り】天王寺は、緑に囲まれた広大な谷中墓地の一角にありますが、谷中墓地には徳川家15代将軍慶喜や鳩山一郎・横山大観・渋沢栄一などの墓所があります。徳川慶喜は神道式葬儀と埋葬を希望したため、寛永寺ではなく谷中墓地に埋葬されました。左が徳川慶喜、右が正室 徳川美賀子の墓所です。神道形式の円墳です。慶喜の墓の奥には側室たちのお墓もあるそうです。

59 0 164
約1ヶ月前
天王寺,見どころ,Myutan

台東区谷中の天王寺の本堂です。昭和57年に再建されました。御本尊は阿弥陀如来です。東京では珍しい雪吊りがされていました。

訪問日2020/01/11
67 4 184
約1ヶ月前
天王寺,見どころ,Myutan

小さい南天の小さい雪囲い

訪問日2020/01/11
57 0 145
約1ヶ月前
天王寺,見どころ,Myutan

谷中の天王寺の毘沙門堂です。谷中七福神の毘沙門天が祀られています。
文豪幸田露伴が小説『五重塔』を書いたことで一躍有名となった境内の「谷中の五重塔」は、昭和32年に惜しくも放火によって焼失しました。焼け残った下層部の部材を使って、昭和36年に再建されたのがこの毘沙門堂です。毘沙門天立像は天王寺の旧本尊で、比叡山より移され、平安時代頃の作と伝えられています。

訪問日2020/01/11
59 0 138
約1ヶ月前
天王寺,見どころ,Myutan

谷中の天王寺の銅像釈迦如来坐像です。

訪問日2020/01/11
57 0 140
約1ヶ月前
天王寺,見どころ,Myutan

東京・台東区谷中にある天台宗寺院 天王寺にやってきました。谷中墓地の中にあります。鎌倉時代後期 (13世紀後半)の開創で、元は感応寺という日蓮宗寺院でしたが、元禄期に德川幕府より弾圧を受け、天台宗寺院として存続しました。この頃の御本尊は毘沙門天でした。天保四年(1833)、寺名を現在の護国山天王寺へと改称、戊辰戦争においては彰義隊の営所となったため堂宇を焼失しました。
この山門は平成10年に造られました。

訪問日2020/01/11
13 0 364
2年弱前
天王寺,見どころ,ボブ

台東区谷中の天王寺の山門です。
谷中七福神の毘沙門天、上野王子駒込辺三十三ヶ所観音霊場9番札所です。
江戸時代、”富くじ”興行が開催されており、目黒不動滝泉寺、湯島天満宮の富くじとともに、江戸三富と呼ばれ賑わっていました。
境内にあった五重塔は、幸田露伴の小説、「五重塔」で知られていたが、昭和32年に惜しくも焼失しました。

訪問日2018/04/07
12 0 240
2年弱前
天王寺,見どころ,ボブ

台東区谷中の天王寺の山門です。
新緑が美しいです。

訪問日2018/04/07
13 0 201
2年弱前
天王寺,見どころ,ボブ

台東区谷中の天王寺の銅像釈迦如来坐像です。

訪問日2018/04/07
12 0 172
2年弱前
天王寺,見どころ,ボブ

台東区谷中の天王寺の毘沙門堂です。
谷中七福神の毘沙門天です。

訪問日2018/04/07
12 0 238
2年弱前
天王寺,見どころ,ボブ

台東区谷中の天王寺の本堂です。
御本尊は阿弥陀如来です。

訪問日2018/04/07
9 0 219
約2年前
天王寺,見どころ,黒モアイ

天王寺の本堂です。
ご本尊は阿弥陀如来です。
こちらの本堂には上がってお参りは出来ないようでした。
境内には長椅子が用意されていて、天気が良いからか、くつろぐ方が多く見られました。
(平成30年1月1日)

10 0 184
約2年前
天王寺,見どころ,黒モアイ

天王寺境内にある釈迦如来座像です。
七福神開帳期間は施錠されていましたが、現在の山門をくぐるとすぐ左手に鎮座しています。
(平成30年1月1日)

9 0 195
約2年前
天王寺,見どころ,黒モアイ

天王寺の旧山門を入って右手にあるのが、谷中七福神の毘沙門天を祀る毘沙門堂です。
ここの毘沙門天は平安時代頃の作と伝えられています。
毘沙門堂の左側を直進すると開帳期間中、御朱印を頂ける上善堂があります。
(平成30年1月1日)