#衛門三郎

大窪寺
投稿
8 0 491
2年以上前
大窪寺,授与品,凜蔵

#逆打ち #お遍路 #うるう年 #衛門三郎
逆打ち用納経帳の開いて一枚目の説明書きです。
2016年は4年に1度の「うるう年」。あちこちの霊場でうるう年の旗が掲げられていました。お遍路さんにとってうるう年は特にご利益のある年。
 さらに、この年に逆打ち(88番からスタートして四国を反時計回りに巡礼)をすると、とんでもないご利益があるそう。
 
なぜか?
四国お遍路を始めた最初の人物、強欲非道の衛門三郎がお大師様を追いかけて、四国霊場を何度も回り、彼が死の間際。
 逆打ちを試してようやくお大師様に会えたのが、「うるう年」なのだそうです。
衛門三郎がお大師様に出会えたといわれるのは、西暦832年。
この年は「うるう年」で、しかも「申年」でした。
 「申年のうるう年」に衛門三郎がお大師様に出会えたという逸話から、「申年」で「うるう年」でもある2016年は、とくに、ご利益がある年なのだそうです。
夢が叶って特別な年に巡礼できました(^_^*)

人気の寺社