厩戸 のおまいり

神社巡りには古事記、日本書紀の世界があると感じて定期的に神社参拝をしています。
折角なので以前からの写真なども紹介させていただきます。
参考になれば幸甚です。
投稿
12 0 193
4ヶ月前
鐵砲洲稲荷神社,御朱印,厩戸

鐵砲洲稲荷神社の御朱印です。現在の勤務地が当社の氏子区域であることを宮司さんに伝えると嬉しそうにお話しいただき快くご対応下さいました。

10 0 133
4ヶ月前
鐵砲洲稲荷神社,見どころ,厩戸

鐵砲洲稲荷神社境内は大きくはありませんが沢山の見どころがございます。

11 0 114
4ヶ月前
鐵砲洲稲荷神社,見どころ,厩戸

鐵砲洲稲荷神社境内には中央区で唯一の富士塚があります。富士山の熔岩を用い頂上には末社である鉄砲洲富士浅間神社が鎮座されております。
鐵砲洲稲荷神社の富士塚は寛政2年(1790年)築造で歌川広重の「絵本江戸土産」などでは本殿より大きく描かるなど、かなりの威容を誇りました。鐵砲洲稲荷神社の遷座と共に移築されましたが現在の高さも5.4mあります。富士山の山開きに合わせて7月1日のみ登拝が可能です。

10 0 111
4ヶ月前
鐵砲洲稲荷神社,見どころ,厩戸

鐵砲洲稲荷神社の手水舎です。
「反省
威張る時には神に捨てられ
欲張る時には金に背かれ
妬む時には友を持ち得ず
怒る時には己を失う」
参拝に伺うたびに心に刻むようにしております。

11 0 110
4ヶ月前
鐵砲洲稲荷神社,見どころ,厩戸

鐵砲洲稲荷神社の社殿です。御祭神は食物の神々である稚産霊神・豊受姫大神・宇迦之御魂大神が祀られております。

13 0 107
4ヶ月前
鐵砲洲稲荷神社,見どころ,厩戸

東京都中央区湊鎮座、鐵砲洲稲荷神社に参拝いたしました。平安時代初期、この地の住民がうち続く凶作にあって自らの産土の国魂神を祀り日々の御守護を祈願したのが創祀との説があります。その後、埋立てなどにより数度の遷座を繰り返したのち現在地に鎮座されました。
鉄砲洲とは現在の湊,明石町に相当する地名でかつて鉄砲の形をした洲の島であったこと、また寛永の頃この洲で鉄砲の試射をしたことにより呼ばれておりました。隅田川西岸にあり江戸時代は港として栄えたそうです。

12 2 530
4ヶ月前
和気神社,御朱印,厩戸

和気神社の正式な御朱印です。「我獨慙天地」の文字があります。他がどうあれ自分自信は天地に照らし合わして恥じることのないよう正しく生きる。今尚続く皇統の危機をどんな圧力にも屈せず守り通した和気清麻呂公の志が有難く心に染みます。

13 0 468
4ヶ月前
和気神社,御朱印,厩戸

こちらは坂本龍馬とおりょうのシルエットが入ったものです。二人が行った日本初の新婚旅行は有名な話ですが、当社にも訪れたそうです。

14 0 380
4ヶ月前
和気神社,御朱印,厩戸

和気神社の御朱印です。こちらは書き置きのものに日付を入れていただきました。和気清麻呂公と随身の猪が描かれております。

10 0 212
4ヶ月前
和気神社,見どころ,厩戸

御祭神である和気清麻呂公は楠木正成などとならぶ勤皇の忠臣と見なされ、十円紙幣の肖像にもなりました。戦前の事ですので私も実物を見た事はありませんが和気神社にその資料が掲示されておりました。

10 0 181
4ヶ月前
和気神社,見どころ,厩戸

和気神社御祭神である和気清麻呂公は、道教の怒りを買い大隅国へ流されることになりましたがその道中、御神託により万世一系の皇統が守られた事に感謝申し上げるため再び宇佐神宮へ参詣しようと豊前国から上陸しました。すると何処からともなく約300頭の猪が突然現れて御輿の前後を守りながら10里ほどの道を無事に案内したと伝わります。以来、清麻呂公の随身、神の使いとして崇められているそうです。現在和気神社では白猪の「和気ちゃん」がお迎えしてくれます。

11 0 180
4ヶ月前
和気神社,見どころ,厩戸

和気神社の社殿です。御祭神は和気清麻呂公命です。奈良時代末期から平安時代初期にかけて活躍しました。和気氏は、第11代垂仁天皇の第5皇子である、鐸石別命より始まります。その曽孫である弟彦王が神功皇后の新羅遠征にも従軍しました。
御祭神も天皇の忠臣でしたが、嘉永4(1851年)孝明天皇は和気清麻呂の功績を讃えて神階正一位と護王大明神の神号を贈りました。

12 3 171
4ヶ月前
和気神社,見どころ,厩戸

和気神社は、狛犬ではなく雄雌対の猪が御祭神をお守りしております。歴史に残っているように道教に命を狙われた和気清麻呂を助けた猪に由来すると思われます。

10 0 151
4ヶ月前
和気神社,見どころ,厩戸

鹿児島県霧島市牧園町宿窪田鎮座、和気神社に参拝いたしました。769年、一僧侶でありながら朝廷に仕え大きな権力を持つ道鏡にへつらう者が宇佐八幡のお告げであるとして「道鏡を次の天皇にすれば国が穏やかに治まる」と称徳天皇に申し出ました。天皇はこの神託を確認するため、和気清麻呂を宇佐八幡宮に遣わしますが道鏡は清麻呂が都を発つとき「自分のために計らえば高い官位を与える」と味方にしようとしました。清麻呂は忠義の心が深く出世のために志を動かすような人ではないので宇佐から帰った清麻呂は、「わが国は始まって以来、君臣の別が定まっている。臣を君にすべきでない。無道のものは早く排除すべき」と当初の神託と正反対のお告げを持ち帰りました。それを聞いて怒った道鏡により、名前を「分部穢麻呂(わけべのきたなまろ)」に変えられ大隅の国に流されました。流される途中、道鏡の使者から命を狙われましが、突然現れた白い猪の群れに助けられ大隅の国に流れ着きました。その地とされる場所に、創建されたのが当社です。(霧島市ウェブサイトより)

12 0 154
4ヶ月前
蛭児神社,見どころ,厩戸

蛭児神社の本殿と拝殿です。御祭神は蛭児尊です。イザナギ・イザナミの二神の間に生まれた神様で、漁業、航海、商売の神として信仰されています。言い伝えによりますと、二神は蛭児神を大変かわいがっていましたが、3歳になっても足腰が立たず、二神は嘆いて高天原から天磐楠船に乗せて流しました。そして、流れ着いた所がこの地で、天磐楠船から不思議なことに枝や葉が出て成長し大木になりました。その楠の実が落ちてなげきの杜一帯に繁茂しました。(霧島市教育委員会)

13 0 142
4ヶ月前
蛭児神社,見どころ,厩戸

蛭児神社の鳥居とその先に境内地がございます。この周辺はかつて奈毛気の杜(なげきのもり)と呼ばれていたそうです。
国生みをされたイザナキ・イザナミの第1子としてお生まれになったヒルコノミコトは3歳になっても足腰が立たなかったため船で流されました。船は漂着した地で根付き、やがて大きな森をなしたと伝わりますが、それがこちらの奈気木の杜とされております。

10 0 136
4ヶ月前
蛭児神社,見どころ,厩戸

鹿児島県霧島市隼人町内鎮座、蛭児神社に参拝いたしました。鹿児島神宮に次ぐ大隅国二宮です。創建は不詳ですが、神代に遡るほど由緒ある神社だそうです。

11 0 299
4ヶ月前
鹿児島神宮,御朱印,厩戸

鹿児島神宮の御朱印です。由緒書きも一緒にいただきました。大隅国一宮の文字もございます。

最近訪れた寺社