厩戸 のおまいり
和歌山県

神社巡りには古事記、日本書紀の世界があると感じて定期的に神社参拝をしています。
折角なので以前からの写真なども紹介させていただきます。
参考になれば幸甚です。
投稿
15 2 399
1年以上前
海神社,御朱印,厩戸

海神社の御朱印です。
社務所はご不在でしたが、電話番号が案内されており、ご連絡をすると宮司様の奥様が裏手からお見えになりました。
御朱印をいただいた後、いろいろとお話を聞かせていただきました。
お礼を申し上げ、鳥居をくぐったあたりで声をかけていただき、小走りで追いかけて来られ、お供物のお下がりでしょうか?写真のジュースをいただきました。
有り難い限りです!

10 0 194
1年以上前
海神社,見どころ,厩戸

拝殿の中からの一枚です。
正面に奥行きのある本殿があります。
また、拝殿左右には境内社が祀られており境内全体が奥行きのある造りになっております。

10 0 169
1年以上前
海神社,見どころ,厩戸

海神社、三の鳥居とその先にある拝殿です。
境内は、押しつぶされそうな程の厳かな雰囲気がありました。
現在も大きな駐車場含め、広い境内地を有するところを見ると、かつては相当大きな社領であったと予測出来ます。

8 0 184
1年以上前
海神社,見どころ,厩戸

和歌山県紀の川市神領鎮座、海神社に参拝いたしました。
延喜式神名帳に記載がある式内社です。
大きな駐車場の横に鳥居があり、その先を下ると二の鳥居があります。
垂仁天皇年間に、忌部宿祢が神のお告げによって創祀されたと伝えられているそうです。

10 0 217
1年以上前
鳴神社,見どころ,厩戸

鳴神社、境外末社の鳴武神社です。
五世紀ごろの創建で武甕槌命が祀られております。
石の祠だけでしたが平成二十六年に社殿を再建されました。

9 0 174
1年以上前
鳴神社,見どころ,厩戸

鳴神社、境内社です。
堅真音神社、香都知神社が併祀されています。
両社とも式内社に比定されております。
御祭神は、堅真音神社が神吾田鹿葦津姫命で木花咲耶姫命の別名です。
香都知神社は軻遇突知命です。

10 0 159
1年以上前
鳴神社,見どころ,厩戸

鳴神社、社殿です。
御祭神は、速秋津彦命を左殿に、速秋津比売命を右殿に祀っておられます。
また、右殿には天太玉命も祀られております。
豊臣秀吉の紀州攻めや神仏習合により衰退していた当社は、1719年紀州藩により再建されました。
しかしながら、その際に祀られていた神様が特定出来ず、両柱をお祀りされました。
延喜式神名帳では、御祭神は一座であることから当地が紀伊国忌部氏の本拠地てあり、その祖神である天太玉命が本来神であるとの説がおこり、平成8年(1996年)に忌部氏の本拠地、奈良県橿原市忌部町鎮座、天太玉命神社から改めて天太玉命の分霊が勧請され合祀されました。

10 0 207
1年以上前
鳴神社,見どころ,厩戸

和歌山県和歌山市鳴神鎮座、鳴神社に参拝いたしました。
延喜式神名帳では、名神大社に列せられております。
創建は2300年から2400年ほど前との事です。

6 0 159
1年以上前
大屋都姫神社,立ち寄り,厩戸

当社を中心に東西に約400m、南北に約600mの宇田森遺跡が発見されています。
弥生時代の土器が多数、発掘されているそうです。

9 0 194
1年以上前
大屋都姫神社,見どころ,厩戸

大屋都姫神社の拝所です。
本殿の屋根が少しだけ見えますが、中央に大屋都姫命が祀られております。
また左脇宮に兄神である五十猛命、右脇宮には妹神である都麻津姫命が祀られており、伊太祁曽神社や都麻津姫神社と同じように配祀されています。

9 0 237
1年以上前
大屋都姫神社,見どころ,厩戸

和歌山県和歌山市宇田森鎮座、大屋都姫神社に参拝いたしました。
延喜式神名帳では名神大社に列せられております。
当社も伊太祁曽神社、都麻津姫神社と同様に元は現日前宮の地に鎮座しておりましたが、垂仁天皇16(紀元前14)年に亥の森へ遷座し、700年余り鎮座された後に三社分遷により北野村古宮の地に遷り、更に当地に遷座されました。

12 0 513
1年以上前
都麻津姫神社,御朱印,厩戸

都麻津姫神社の御朱印です。
神社は無人でしたが、電話番号が案内されており連絡をさせていただくと、宮司さんの奥様が来て下さいました。
後でわかった事ですが宮司さん不在の為、書置きがいただける様、社務所に置いてあるにも関わらず車で来て手渡し下さいました。
最近では、ネットなどで調べて、遠くから参拝される方が多いそうで(私自身もですが)、それが嬉しいと喜んでおられました。
帰る際にも、見送っていただきました。

11 0 186
1年以上前
都麻津姫神社,見どころ,厩戸

都麻津姫神社の社殿です。
御祭神は、中央に都麻津姫命が祀られており、左脇殿に兄神である五十猛命、右脇殿に姉神である大屋津姫命が祀られております。
この三柱の祀り方は、伊太祁曽神社と同様です。
また、相殿として吉礼津姫命が祀られておりますが、記紀にその名はなく地名から考えると、恐らくこの地に古くから鎮座する神様かと思われます。
かつては東に都麻津姫命、西に吉礼津姫命が祀られておりましたが、信奉者同士のいがみ合いが絶えず、これを憂いた有力者が両社を合祀したとの事です。

9 0 157
1年以上前
都麻津姫神社,見どころ,厩戸

和歌山県和歌山市吉礼鎮座、都麻津姫神社に参拝いたしました。
延喜式神名帳で名神大社に列せられている「都麻都比売神社」の論社の一つです。
伊太祁曽神社と共に元は日前宮のある秋月に祀られておりましたが、垂仁天皇16年に両神宮に社地を譲って山東の「亥の森」へ遷座。
その後、大宝2年(702年)の伊太祁曽・大屋都比売・都麻都比売3社の分遷で、亥の森から分祀、遷座したそうです。

10 0 247
1年以上前
伊太祁曽神社,御朱印,厩戸

伊太祁曽神社の御朱印です。
紀伊国には一ノ宮が三社ありますが、日前宮と丹生都比売神社、そして伊太祁曽神社です。
素盞嗚尊と共に天降り、妹神と共に国土に樹木を植えて廻り、緑豊な国土を形成した後、紀伊国に鎮座されました。
御朱印にも「木の神」とあります。

8 0 162
1年以上前
伊太祁曽神社,見どころ,厩戸

伊太祁曽神社摂社、祇園神社にある磐座です。
素盞嗚尊と五十猛命は高天原から天降った際に、新羅に降り立ちますが、その地を嫌い出雲国の鳥上峯に向かいました。
写真の磐座は奥出雲の鳥上峯から移して、神祀ったそうです。

7 0 187
1年以上前
伊太祁曽神社,見どころ,厩戸

五十猛命はオオヤビコの名で古事記に登場します。
オオナムチ(大国主命)を殺そうと八十神は追いますが、オオナムチは木の国(=紀伊国)のオオヤビコの元に逃げ込みます。
八十神からオオナムチを引き渡すよう求められたオオヤビコは、木の股を潜り抜けさせて逃がしオオナムチは難を逃れます。
この事から、写真の様なご神木が置かれ、中をくぐる事でご神徳にあずかれるとされています。

7 0 133
1年以上前
伊太祁曽神社,見どころ,厩戸

境内社の蛭子神社です。
明治の合祀令により、神域の二十二社が合祀されました。
社殿左前には霊石さる石があり、古くよりこの石を撫でると首から上の病気に霊験新たかとの事です。
私もしっかりと撫でさせていただきました。
社殿、右前にはチェーンソーカービングの干支があります。
毎年4月に行われる木祭りで奉納されるそうです。
木祭りは、木材関係者など多くの崇敬者で賑わうそうです。

最近訪れた寺社