ボブ のおまいり

兵庫県西宮市出身で伊丹市在住です。
1997年7月4日に初めて御朱印を頂戴しました。
以来、四国八十八ヶ所霊場、四国別格二十霊場、西国三十三ヶ所観音霊場、西国薬師四十九霊場、関西花の寺二十五霊場、仏塔古寺十八尊霊場などを結願しました。
2016年6月25日に単身赴任(任期3年)で東京都中野区へやってきました。
実は初めての県外生活で、しかも初めての一人暮らし中です。
東京生活をきっかけに、しばらく休止していた寺社参拝を再開しました。
2017年3月24日にOmairi.clubに初投稿しました。
過去に参拝した寺社の画像も投稿してますが、宜しくお願いします。
投稿
11 0 42
6日前
稲毛神社,見どころ,ボブ

川崎市の稲毛神社の御神木大銀杏と十二支めぐりです。
御神木大銀杏は、樹齢一千年以上といわれ、江戸時代には東海道を旅するものに「山王様の大銀杏」として知られ、安藤広重の『武相名所旅絵日記』などに当時の神々しい姿が描かれています。
この御神木の周囲に十二支のブロンズ像を置き、「十二支めぐり」として整備されました。

訪問日2018/07/07
11 0 42
6日前
稲毛神社,見どころ,ボブ

川崎市の稲毛神社の堀田稲荷神社・第六天神社です。
両社は江戸時代には堀之内にあり、川崎宿の旅籠屋、商人、芸妓たちや近郷の人々が篤く信仰していました。第六天神社には「他生自在天」が祀られており、人々はそれを多芸自在と読んで技芸上達と安産の神として崇敬していました。

訪問日2018/07/07
11 0 35
6日前
稲毛神社,見どころ,ボブ

川崎市の稲毛神社の大鷲神社です。
日本武尊は父景行天皇の命を受けて、熊襲・東夷征討にあたられ、数々の武勲をあげられた英雄神です。死後、その御霊は白い大鳥となって天に昇って行かれたところから日本武尊を祀る神社は「おおとり神社」と呼ばれます。酉の市も、例年、生業発展、家内安全、交通安全などを祈る善男善女で賑わい、川崎の初冬の風物詩となっています。

訪問日2018/07/07
11 0 37
6日前
稲毛神社,見どころ,ボブ

川崎市の稲毛神社の子神社です。
江戸時代には須河原(現在の旭町、港町)に祀られていて、里人から篤く信仰されていたそうです。

訪問日2018/07/07
11 0 34
6日前
稲毛神社,見どころ,ボブ

川崎市の稲毛神社境内にある小土呂橋遺構です。
小土呂はいまの小川町で、この橋は東海道が新川堀(いまの新川通)を横切るところにかけられていました。橋脚には下のような銘文があります。
「新川堀は慶安3年(1650)に幕府関東郡代伊奈半十郎忠治が普請奉行となって開削されましたが、そこに架けられた小土呂橋の最も古い記録は、正徳元年(1711)に代官伊奈半左衛門によって板橋として造られたというものです。その後、享保11年(1726)に田中丘隅(兵庫)が石橋に改ため、それが寛保2年(1742)の洪水で大破し、翌年に幕府御普請役水谷郷右衛門によって再興されたのがこの橋です。 以来この橋は昭和7年(1932)に新川堀もろとも埋められるまでおよそ200年間、多くの人々に利用されてきました。」

訪問日2018/07/07
11 0 34
6日前
稲毛神社,見どころ,ボブ

川崎市の稲毛神社境内にある御神水吹上井戸石枠です。
かつて、川崎は水が悪く、住民は長い間たいへん苦労しましたが、この井戸だけはいつもこんこんと清水が湧いていました。住民たちはこの井戸を「吹上井戸」と呼び、鎮守のお恵みとして大切にしておりました。特に、流行病のときなど、水垢離をする人が遠くからも来たということです。しかしその清水も工場による地下水の汲み上げのためか、昭和の初期に枯れてしまいました。

訪問日2018/07/07
10 0 31
6日前
稲毛神社,見どころ,ボブ

川崎市の稲毛神社境内にある正岡子規没後100年記念句碑です。
川崎を詠んだ子規の句から「六郷の 橋まで来たり 春の風」を撰び、川崎の文化碑として後世に伝える事にしたそうです。

訪問日2018/07/07
10 0 29
6日前
稲毛神社,見どころ,ボブ

川崎市の稲毛神社境内にある芭蕉句碑です。
「秋十とせ 却って江戸を さす故郷」と刻まれています。

訪問日2018/07/07
12 2 39
6日前
稲毛神社,御朱印,ボブ

川崎市の稲毛神社の御朱印です。
右の「健勝堅固」の御朱印は、心身の健康と同時に人生の困難や苦難に打ち勝つ力を祭神が授けてくれることを表しています。神社名がメインでない御朱印は珍しいかも。
左の御朱印は稲毛神社の御神徳の「勝と和」は押印されています。

訪問日2018/07/07
13 0 50
7日前
若宮八幡宮,見どころ,ボブ

川崎市の若宮八幡宮です。
大師河原干拓のために移り住んだおりに、御祭神を分祀したのがはじまりといわれ、仁徳天皇をお祀りしています。
境内にある金山神社は、別称「かなまら様」とよばれ、「性と鍛冶屋の神」とされています。

訪問日2018/07/07
11 0 41
7日前
若宮八幡宮,見どころ,ボブ

川崎市の若宮八幡宮の拝殿です。
大師河原干拓のために移り住んだおりに、御祭神を分祀したのがはじまりといわれ、仁徳天皇をお祀りしています。

訪問日2018/07/07
7 0 37
7日前
若宮八幡宮,見どころ,ボブ

川崎市の若宮八幡宮の境内の金山神社です。
別称「かなまら様」とよばれ、「性と鍛冶屋の神」とされています。
イザナミノミコトが火の神を生んだ際、下腹部に大火傷をしたのを、治療看護した神とされており、お産、下半身の病にご利益があると言われています。
現在は、子授け、夫婦円満の神、エイズの御守りなど、性神として信仰を集めています。
祭礼には、男根を形どった神輿が担ぎだされ、面掛け行列などが繰り出します。
境内には多くの立派な男根が奉納されていますが、画像の投稿は控えさせていただきます。

訪問日2018/07/07
8 0 37
7日前
若宮八幡宮,見どころ,ボブ

川崎市の若宮八幡宮の金山神社の絵馬殿です。

訪問日2018/07/07
6 0 35
7日前
若宮八幡宮,見どころ,ボブ

川崎市の若宮八幡宮の境内の大鷲神社です。

訪問日2018/07/07
6 0 34
7日前
若宮八幡宮,見どころ,ボブ

川崎市の若宮八幡宮の境内の藤森稲荷神社です。

訪問日2018/07/07
7 0 30
7日前
若宮八幡宮,見どころ,ボブ

川崎市の若宮八幡宮にある大師河原酒合戦350年記念碑です。

訪問日2018/07/07
10 0 36
7日前
若宮八幡宮,御朱印,ボブ

川崎市の若宮八幡宮の御朱印です(右)。
大師河原干拓のために移り住んだおりに、御祭神を分祀したのがはじまりといわれ、仁徳天皇をお祀りしています。
左は境内にある金山神社の御朱印で、「性と鍛冶屋の神」とされています。

訪問日2018/07/07
9 0 32
7日前
大師稲荷神社,見どころ,ボブ

川崎市の大師稲荷神社です。
源義家の旧臣平間兼乗の勧進と伝えられています。

訪問日2018/07/07

最近訪れた寺社