11 0 135
8ヶ月前

愛宕念仏寺 - 京都市/京都府 の授与品。嵯峨野の愛宕... by ボブ | Omairi(おまいり)

嵯峨野の愛宕(おたぎ)念仏寺の由緒書と御守りシールです。
愛宕念仏寺は、古来より火伏せの神様として 信仰を集めている愛宕山参道のふもとにあり、嵯峨野めぐりの始発点になっています。
由緒抜粋dす。
愛宕念仏寺の歴史は古く、奈良時代の天平神護2年(766)に称徳天皇により、京都東山に愛宕寺として創建されました。
平安時代の初めの醍醐天皇の御代の頃に、鴨川の洪水で堂宇を流失し廃寺となりました。
醍醐天皇の命により天台宗の千観内供(伝燈大法師)が復興し、千観が念仏を唱えていたところから名を愛宕念仏寺と改めました。
大正11年に現在地に移築して再興しましたが、戦時中に無住寺となり、昭和25年の台風で災害で多大な被害を受け廃寺となりました。
昭和30年に仏像彫刻家西村公朝が住職となり再興され、昭和55年より、荒れ寺の本格的な復興事業が行われました。
復興祈願に賛同した参拝者の手によって彫られた羅漢は、千二百体に達しました。

訪問日2018/12/29
コメントする…