素盞嗚神社

すさのおじんじゃ

広島県福山市新市町大字戸手1-1

寺社人気ランキング   広島県 18位  |  全国 910位
20.1K アクセス  |  113 件

社伝によれば天武天皇の治世であった7世紀ごろ(679年か)に創建したとされる。その後、遣唐使であった吉備真備が唐から帰国した後の天平6年 (734年)に備後から素盞嗚命を播磨の広峯神社に勧請したとさ..

もっと見る

基本情報

0847-51-2958
御朱印: 有り

素盞嗚神社(すさのおじんじゃ)は、広島県福山市新市町大字戸手にある神社。式内社で、備後国一宮を称する。旧社格は県社。

祭神

素盞嗚尊

社格

式内社(小), (称)備後国一宮, 旧県社

創建

(伝)天武天皇年間(673年-686年)

本殿

入母屋造

例祭

7月15日(祇園祭)

交通アクセス

JR福塩線 上戸手駅下車2分

拝観料

無料

駐車場

無料有り(5台程度)

トイレ

有り

最終編集者 えざゆた
初編集者 Omairi運営事務局