人気の御朱印40選!珍しい&カラフル、もらい方、マナーまで徹底調査
みんなで作る神社お寺&御朱印ガイド Omairi

御朱印は、300円で気軽にいただける「手のひらサイズの手書きアート」。世界にただひとつの参拝記録です。集める楽しみはもちろん、御朱印集めがきっかけで運気が上がったり、旅の楽しみが増えたり。

集めてみたいけどなんだか敷居が高そう、と思っていませんか?初めてでも、神社やお寺で「御朱印をいただけますか?」と勇気を出して尋ねてみましょう。

御朱印集めが楽しくなる情報を詰め込みましたのでぜひ参考にしてみてください。きっと自分流の御朱印の楽しみ方が見つかるはずです。

『みんなで作る神社お寺&御朱印ガイド-Omairi』管理人より

Loadingicon

御朱印ギャラリー

見ているだけでいただきたくなる、「手のひらサイズの手書きアート」。

神社お寺では、御祭神・御本尊・御利益など、寺社の特徴を表現するために御朱印にさまざまな工夫をしています。皆さんから投稿いただいた御朱印写真の中から、特徴のある御朱印を集めてみました。

《見開きの御朱印》

見開きの御朱印をいただくには、御朱印帳の各ページがつながった、じゃばら形式の御朱印帳を用意します。

櫻木神社(千葉県)

なんて美しい御朱印でしょうか(*˘︶˘*).。.:*しあわせの桜咲く櫻木神社の御朱印。3月のさくらの日参りに行ってみたいですね❤︎

古峯神社(栃木県)

今にも飛び出しそうな天狗様の絵。10種類以上の絵のパターンがあり、その中から選べるのですが、1点ずつ全て手書きなので絵柄によっては3時間待ち、なんてことも。

榴岡天満宮(宮城県)

「東風吹かば におひおこせよ梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ」という、菅原道真公のちょっぴり切ない歌が書かれた美しい御朱印です。

白毫寺(奈良県)

喝っ!と声を荒げる閻魔大王さまが強烈なインパクトです。

《植物がモチーフの御朱印》

御朱印の紋には植物がモチーフになっていることが多いです。紋の由来を知ると、御朱印をいただくのがもっと楽しくなりますよ!

■ 梅の御朱印 - 北野天満宮(京都府)

天満宮は、御祭神・菅原道真が愛した梅の花を社紋にしています。 奉拝の字が梅の枝になっていておしゃれ!菅原道真公は書の達人でもあります。

■ 三つ葉葵の御朱印 - 寛永寺(東京都)

三つ葉葵は徳川将軍家の家紋。上野の寛永寺は歴代将軍15人のうち6人が眠るお寺です。

■ イチョウの御朱印 - 水戸八幡宮(茨城県)

イチョウは樹齢が長寿であることから、健康や子孫繁栄の象徴とされています。

水戸八幡宮境内の大銀杏は樹齢700年の御神木です。黄色いイチョウの印がかわいいですね。

■ 菊と桐の御朱印 - 吉備津彦神社(岡山県)

菊紋は花びらの数により十菊、十四菊、十六菊の種類があります。

十六菊は天皇家直の男神、五七の桐は女神を祀る印です。

■ 葵紋の御朱印 - 下鴨神社(京都府)

京都三大祭りのひとつ「葵祭」は、御神紋に由来があるのがわかります。

■ 稲の御朱印 - 吉原神社(東京都)

日本人は、古来から神様に収穫のお礼として稲束を奉納してきた習慣がありました。

吉原神社は江戸の吉原遊郭にあった稲荷神社が前身。稲はお稲荷様の象徴です。

《動物がモチーフの御朱印》

特に神社には、神様のお遣いとされる動物がいます。春日大社の鹿などがそれに当たります。神社にまつわる伝説の動物が御朱印に登場することも多く、御朱印集めの楽しみのひとつでもあります。

■ 八咫烏の御朱印 - 熊野本宮大社(和歌山県)

三本足の八咫烏(やたがらす)は熊野の象徴。サッカー日本代表のシンボルマークとしても有名ですね!

■ 猿の御朱印 - 清州山王宮 日吉神社(愛知県)

全国の日吉神社のシンボルは猿です。ちなみに豊臣秀吉公の母はここ日吉神社に祈願して秀吉を授かり、だから幼名が日吉丸。しかもあだ名が「猿」。まさに神様に好かれた天下人(^_^)

■ うさぎの御朱印 - 三尾神社(滋賀県)

太古の昔、三尾明神が卯の年・卯の月・卯の日・卯の刻、卯の方より出現したという伝説にちなんで、うさぎは神様のお使いとされています。

■ 龍の御朱印 - 日光二荒山神社(栃木県)

架空の動物ですが。日本屈指の龍穴の地、日光にふさわしい堂々としたドラゴンです。

■ サギの御朱印 - 坐摩神社(大阪府)

古代に神功皇后が白鷺の群がる所を選び、坐摩神(いかすりのかみ)を奉斎されたことにちなんでいます。

■ 犬の御朱印 - 伊奴神社(愛知県)

左下に犬の印。子だくさん、安産の象徴。「いぬ」とふりがなが書かれているのも親切(^_^)

《偉人がモチーフの御朱印》

実在した歴史上の人物を祀っている寺社では、御祭神・御本尊にちなんだ御朱印をいただけることがあります。

■ 武田信玄の御朱印 - 武田神社(山梨県)

切り絵作家、百鬼丸さんがデザインした武田信玄の御朱印、かっこいいです!

■ 宮本武蔵の御朱印 - 八大神社(京都府)

京の名門吉岡道場にひとりで殴り込んだ、若き日の剣聖・武蔵が描かれています。

■ 吉田松陰の御朱印 - 松陰神社(山口県)

幕末の思想家、吉田松陰の格言「至誠」。松下村塾の印も!日本の夜明けを感じる作品です。

■ 聖徳太子の御朱印 – 浄土寺(広島県)

幼少期の聖徳太子。このころから1を聞いて10を知ることができたのでしょうね。

《珍しい御朱印》

こんな御朱印もあるの?皆さんの投稿の中から珍しくておもしろい御朱印をご紹介します♪

■ 海外でもらえる御朱印 - ハワイ出雲大社(オアフ島ホノルル)

ハワイに出雲大社の分社があります。かつてハワイに移住した日本人移民のALOHAスピリットを感じる作品。

■ 女性の願いを1つだけ叶えてくれる御朱印 - 石神さん(三重県)

「ドーマン・セーマン」と呼ばれる星と格子柄の御朱印。玉依姫を祀る女子の憧れ神社。女性の芸能人やスポーツ選手がお忍びでもらいにくるそう。

■ 金運アップの御朱印 - 金持神社(鳥取県)

ここで御朱印をもらえば金運アップ間違いなし!?お財布のお祓いもしてくれるそうです。

■ 飛行機の御朱印 - 羽田神社(東京都)

さすが羽田空港の氏神様!旅行好き、飛行機好きにはたまらない作品です。

■ 歯の御朱印 - 綱敷天神社(大阪府)

印が歯っ! 歯医者に行かなきゃ、、、そう思わずにいられない御朱印です。

■ お城でもらえる御朱印 - 松本城(長野県)

国宝・松本城の天守登城記念の御朱印。お城で御朱印がいただけるなんて!

《カラフルな御朱印》

華やかな色使いの御朱印たち。季節の例祭やお神輿の装飾を表していることが多いようです。

烏森神社(東京都)

通常バーション。カラフル御朱印の元祖的な存在。透かし印がほどこされています。

夏越大祓バージョン。ブルーの社紋にグリーンの茅の輪くぐり、極め付けはシルバーの文字!

例大祭バージョン。子供の日の5月5日限定御朱印。ゴールドがなんとも素敵。

上神明天祖神社(東京都)

白蛇伝説で有名な神社のカラフル御朱印。季節ごとに色やデザインの違う御朱印がいただけま

■ 鎌倉江の島七福神コンプリート色紙(神奈川県)

七つの御朱印をすべて集めるとこんな素敵な一枚に!頑張れば1日で回れるそうです。

■ 8社を巡る「東京福めぐり」専用の折帖(東京都)

金の屏風型で、とっても豪華なつくりです♪東京お参り散歩をしてみましょう。

《期間限定御朱印》

神社・お寺でいただく御朱印の中には「限定」とつくものがあります。

機会を逃すと手に入らない御朱印もあって、御朱印好きにとっては必ずゲットしたいもの。

■ 伊藤若冲 生誕300年限定 ドクロ御朱印 - 宝蔵寺 (京都府)

マリーゴールド&トパーズ色。他にも綺麗な色のレパートリーがあります。

■ 豊臣秀吉公 生誕480年記念限定御朱印 - 豊国神社(愛知県)

豊臣の家紋、五七の桐が金色に。日本一の出世男・秀吉のステータスへのこだわりを表現しています。

■ 季節限定『雪うさぎ』淡杏色和紙の御朱印 - 宇治上神社(京都府)

金の文字と世界遺産の文字が際立っていますね。

■ 閻魔大王の期間限定御朱印 - 六道珍皇寺(京都府)

平安時代の鬼才、小野篁が夜ごと地獄に降り、閻魔大王の裁判の補佐をしていたという伝説にちなんだ作品です。

■ 玄奘三蔵 期間限定御朱印 - 薬師寺(奈良県)

玄奘三蔵院伽藍の公開時限定。三蔵法師と悟空たちが苦難を乗り越え、天竺を目指す物語です。

■ 熊本復興支援の御朱印 - 下神明天祖神社(東京都)

熊本地震の支援として期間限定の御朱印。初穂料は熊本県神社庁へ送られるそうです。

《達筆 orドンマイな御朱印》

■ 超達筆な御朱印 - 池上本門寺(東京都)

見惚れるほど素晴らしい筆致。御朱印ではなく「御首題」と言うそう。お坊さまが丁寧に書き上げてくれるそうです。

■ ドンマイな御朱印 - 大阪天満宮(大阪府)

「大阪」を大きく書きすぎてバランスが、、、これはこれで味がありますね(^-^)

いかがですか?

御朱印は美しい墨と朱色のコラボレーション、個性あふれる筆づかいや押し印のデザイン性など、アートとしての側面を持っています。

悠久の歴史を感じる古代文字や梵字、寺社にゆかりのあるモチーフ印、力強い筆致から可愛いくユーモラスなものまで多種多様な御朱印を集めて楽しんでくださいね。

御朱印ってなに?

■ 御朱印の本来の役割は?

御朱印は、元々はお寺(寺院)にて、自分で書いたお経を納め(納経)、その証として授与されるものでした。それがいつしか簡略化されて、庶民が納経をしなくても参拝の証としていただけるようになり、江戸時代には神社にも広まりました。昔の名残で「納経印」という呼び方をしている寺院や、納経が必要だと定めている寺院もあります。

■ 御朱印をいただく意味は?

御朱印には、神社名や御祭神の名前、寺院の御本尊の名前が墨書きされ、社紋などの印が押されます。御朱印をいただくと言うのは神様や仏様との絆が結ばれたことと同じ意味です。

また御朱印は、御祭神や御本尊の分身であると言われています。大事に扱うようにしましょう!

■ 世界でただひとつの手書きのアート

御朱印は基本的に印刷物ではなく、神職や寺院の方が手書きしてくださる、世界にただひとつのもの。墨書には書き手の個性があらわれます。ですので、当サイトで紹介されている御朱印と同じものがいただけるとは限りません。書き手によって筆跡やクセが違うからです。

また御朱印のデザインがリニューアルされて変わることもありますし、季節によって印が変わることもあります。2度と同じ御朱印はいただけない、それが御朱印の楽しみでもあります。

■ 御朱印をいただけないこともある

もちろん、全ての神社・寺院で御朱印を扱っているわけではなく、もともと受け付けていなかったり、やめてしまった寺社もあります。

また、京都の西本願寺や東本願寺、東京の築地本願寺をはじめ、偶像崇拝を行わない浄土真宗のお寺の多くでは、御朱印をいただくことはできません。

神社の御朱印とお寺の御朱印の違い

白い紙に手書きの墨文字と鮮やかな朱印。いったい、何が書かれていて、印にはどんな意味があるのでしょう。

神社の御朱印とお寺の御朱印では、書かれている内容が少し違います。

神社の場合は中央に社名が墨書きされ、印も社紋や社名を表したものが一般的です。

寺院の場合は中央に御本尊やお堂の名称が墨書きされ、寺紋や御本尊を表す梵字の印、三宝印(仏法僧宝印)などが押されます。

右上に「奉拝」の字、日付が入るのはほぼ共通ですが、期間限定の印を添えたり手書きの絵を描いたりと、独自の構成をしている寺社もあります。

Loadingicon
神社の御朱印とお寺の御朱印の違い

【神社の御朱印】

①「奉拝」

つつしんで参拝させていただきます、という意味です。

②「参拝した日にち」

後から見返したときにいつ参拝したのかわかります。

③「神社名」

中央には朱印の上に神社名が書かれます。社名のほか、御祭神の名前が書かれることも。また、伊勢神宮のように朱印のみで神社名が書かれない御朱印もあります。

④「社名の押し印」

神社名の印です。印の書体は篆刻(てんこく)という独特の書体が多いですが、寺社が考案したオリジナルの書体も多いです。

⑤「神紋」

神社には古来から伝わる家紋のようなものがあります。これを社紋または神紋と呼びます。神紋の代わりに花や動物、神の遣いをあらわす印が押されることもあります。

【お寺の御朱印】

①「奉拝」※神社と同じ

②「参拝した日にち」※神社と同じ

③「御本尊」

千手観音や薬師如来など、本尊名が書かれていることが多いです。

④「寺社の押し印」※神社と同じ

⑤「寺格」

寺院の格式をあらわす等級です。官寺・勅願寺・総本山・大本山などがあります。

⑥「寺院名」

寺院の正式名称です。

御朱印の必需品、いただき方

必需品1.「御朱印帳」

厚手の和紙を用いた御朱印拝受専用の帳面で、「集印帳」や「納経帳」と言うこともあります。大きい寺社ではオリジナルのものを頒布していますが、文具店や和紙専門店で扱っていることもあります。平らに開きやすい、蛇腹になっているタイプのものがおすすめです。

札所巡りや一ノ宮巡拝、七福神めぐりなどを行う際には、専用の御朱印帳や色紙などが頒布されている場合もあります。

織姫神社のポップでラブリーな御朱印帳

織田信長を祀る建勲神社の「天下布武」御朱印帳

必需品2.「小銭」

御朱印は、代金を支払って買うものではなく、神社の場合は初穂料、お寺の場合はお布施を納めて“いただく”“授かる”ものです。御朱印一枚につき(色紙などに複数いただく場合は一つにつき)、300円または500円と定められているところが多く、数種類の御朱印をいただく場合は、その数分の金額が必要になります。金額を定めず「お気持ちで」と言われることもありますので、スマートに出せるように用意しておきましょう。

御朱印の頂き方

まずは、必ず参拝をしてから御朱印をいただくようにしましょう。

神社やお寺で御朱印をいただける場所は、お札やお守りの授与所か、社務所であることがほとんどです。書いてくださるのは神職の方やお坊様・お寺の職員の方です。

参拝後に社務所や授与所にて、御朱印帳の書いていただきたい場所を開き、「御朱印をお願いします」と申し出ます。混んでいる場合は、整理券をいただいて待つこともあります。

御朱印を書いていただいている間は、書く方の気が散らないよう、声をかけたり、のぞいたりしないようにしましょう。

御朱印を受け取る時は、「ありがとうございます。いただきます。」とお礼を言って受け取り、初穂料・お布施を納めましょう。

やってはいけない5つのNG行動

ルールやマナーを守らない

参拝をしてからいただく、騒がしくしない、並ぶ順番を守る…。そういうマナーはもちろんですが、寺社によっては「一人一枚」「納経が必要」など独自のルールを設定しているところもあります。それぞれ理由があって定められているものなので、必ず守りましょう。

無茶な要求をする

そもそも御朱印を扱っていない寺社もありますし、普段は印刷だが催事の期間のみ手書きの御朱印になる(またはその逆)、ある方が書いてくださる御朱印だけ書体が違う、というように、思っていたような御朱印ではなかったということもあります。「どうしてもこういう御朱印がほしい」と食い下がることはせず、いただいた御朱印とのご縁を大事にいたしましょう。

御朱印と御朱印帳を雑に扱う

御朱印には日付を書いていただけますので、参拝の記念になるという魅力もあるのですが、御朱印帳に旅行の記念スタンプを押したり、チケットなどを貼ったりしてはいけません。

同様に、ノートやスタンプ帳などに御朱印を書いていただくこともできません。御朱印帳を用意するか、和紙に書かれたものをいただくようにしましょう。そして折れたり汚れたりしないよう、気をつけて護持しましょう。

一万円札や五千円札でいただく

絶対にだめということではないのですが、大勢がこれをやったら寺社側はとても困ります。御朱印をいただくのを参拝の目的の一つにしているのですから、小銭は用意していきたいものですね。普段から御朱印拝受用の小銭入れを用意して、100円玉を貯めておいてはいかがでしょう。

御朱印をネットオークションなどで売買する

期間限定で授与される御朱印や遠方の寺社の御朱印を、「参拝の都合がつかないけど何とか入手したい」と考える方もいらっしゃるかもしれません。ですが、御朱印は参拝や納経の証にいただくもの。「ようこそお参りくださいました」と書いてくださる方のお気持ちに背くことにもなります。出品はもちろん、購入も控えましょう。

御朱印Q&A

Q. 御朱印をいただく時に気をつけることは?

A. 社殿や本堂でお参りを済ませてから御朱印をいただきましょう。また、御朱印を書いてもらったあと、御朱印帳をその場で必ず確認してください。似たような御朱印帳が多いので、他の人の御朱印帳と間違えている場合があるからです。あとで気づいても後の祭り。今までいただいた御朱印が全部なくなったら大変ですので気をつけてくださいね。

Q. 御朱印をいただく際、お釣りはいただけますか?

A. 多くの神社お寺では初穂料・お布施の料金が決まっていて、たいてい300円です。

5,000円や10,000円札でお釣りをいただくのはマナー違反とされていますので避けましょう。ただし、500円、1,000円なら大丈夫です。

※ 神社お寺によってはお釣りはこまる、というところも。小銭は用意しておきましょう。

Q. ノートやメモ帳には御朱印を書いてもらえる?

A. マナー違反となりますので避けましょう。必ず御朱印帳に書いてもらうようにしましょう。

Q. 御朱印帳を忘れてしまったら?

A. すでに御朱印を押してある和紙の書き置きがある場合が多いので、それをいただいて後で自分の御朱印帳に貼ってください。ただし、御朱印帳がない場合書き置きをいただけないこともあるので注意。

Q. 御朱印帳は神社とお寺で別々にした方がいい?

A. 一緒でもだいじょうぶです。分ける必要はないのですが、別々にしている人は多いようです。また、まれに厳しい所では「神仏分離」の流れで御朱印を頂けない事があるそうです(神社でお寺の御朱印帳を出すのはNG)。 ちなみに御朱印帳は、一冊が埋まってから次のものにしなければいけないわけではなく、何冊かの御朱印帳を使い分けてもいいですね。寺院と神社で分けるだけでなく、さらに仏教の宗派や神社の御祭神ごとに分けたり。何度も詣でる寺社はそこだけで一冊…など、いろいろな使い分け方を考えてみましょう。ちょっと話はズレますが、神社の御朱印を集める際に、1ページ目と2ページ目は神社の総本社の「伊勢神宮(内宮・外宮)」の御朱印のために開けておくのが良い、とも言われているそうです。

Q. 御朱印帳の保管は神棚や仏壇ですか?

A. 決まりはなく、本棚でもOKです。丁寧に扱ってさえいれば、本棚でも机の上でも問題ありません。ただし、湿気や日焼けには注意しましょう。専用の桐箱も販売されています。

ちなみに私は、御朱印帳を湿気や日焼けから守る専用桐箱を使っています。12冊入るので、御朱印帳が溜まってきた方にはオススメです!

Q. オススメのグッズはありますか?

A. 御朱印帳がバッグの中で開いて傷まないよう、ゴムバンドや御朱印帳袋などのアイテムがオススメです。御朱印帳とおそろいの御朱印帳袋を頒布している寺社もありますし、お気に入りの布を使って自分で作るのもいいですね!

Q. 参拝の服装の注意点は?

A. 特に決まりはありません。ジーンズでも大丈夫。動きやすい服装が一番ですね。

広い境内では、夏の日よけの帽子もあったほうが無難。

四国八十八ヶ所のお遍路さん専用の白装束に菅笠(すげがさ)など、正式な服装はありますが、必須というわけではありません。

靴は少し注意が必要です。寺社の規模にもよりますが境内は広い場合が多く、階段や坂もあり、ぬかるみもあります。サンダルやハイヒールなどは避け、履き慣れたスニーカーやウォーキングシューズが良いでしょう。

御朱印集めに向いている人・集めている有名人

御朱印集めに向いている人

ひとつでも当てはまったら、御朱印集めに向いていますよ!

・一発逆転よりもコツコツ派の方

・スタンプラリーが好き、コレクションをしている方

・旅をもっと楽しくさせたい方

・新しい趣味を始めてみたい方

・かわいいものが好きな方

・美術館や博物館が好きな方

・歴史、日本史が好きな方

・「最近ツイてない!」という方

・「人生崖っぷち!」という方

・運命の人に出会いたい、ズバリ結婚したい方

・将来お金が心配な方

・もっと健康になりたい、魅力的になりたい方

御朱印を集めている有名人

芸能人にも愛好家が多い御朱印収集。「ご朱印ガール」はこんなにたくさん♪ もちろん男性も!

杏さん(女優、ファッションモデル)

永作博美さん(タレント)

SHOCK EYEさん(湘南乃風、レゲエミュージシャン)

小沢真珠さん(女優)

篠原ともえさん(歌手)

はなさん(モデル)

内藤理沙さん(アイドル)

福田典子さん(アナウンサー)

上村彩子さん(アナウンサー)

板橋瑠美さん(ファッションモデル)

石田靖さん(お笑いタレント)

福島雪菜さん(モデル)

Omairi運営者からのメッセージ

『小確幸』(しょうかっこう)という言葉があります。

作家・村上春樹さんによる造語で、「小さいけれども確かな幸せ」という意味の略語です。

初めて御朱印をいただいた時、小さいながらも確かな幸福を感じて感動!神社、お寺を巡って御朱印をいただく旅はまさに小確幸の旅です。

そして、せっかくいただいた御朱印です。

大切に保管するのはもちろんですが、スマートフォンやデジタルカメラで写真を撮ってぜひOmairiサイトにご投稿ください!自分の参拝記録として便利ですし、あなたの投稿はきっと誰かの参考になるはずです。

インターネットで繋がる「ご縁」。皆さまのご投稿を心からお待ちしております。気軽にご投稿ください!

みんなで作る神社お寺&御朱印ガイド - Omairi

https://omairi.club/

会員登録と投稿はこちらから(全サービス無料でご利用いただけます)

https://omairi.club/users/sign_up

Omairi(おまいり)とは?

https://omairi.club/info/about

人気の寺社