福良天満宮

ふくらてんまんぐう

大分県臼杵市福良211番地

寺社人気ランキング   大分県 2位  |  全国 330位
74.3K アクセス  |  476 件

菅原道真公が太宰府にて神退後、菅原氏一族とされる大畠氏が御分霊である天神像を守護していたが、天正年間(1590年頃)周防国より豊後臼杵福良荘へ勧請、慶長13年(1602年)以降、臼杵藩主二代目稲葉典..

もっと見る

基本情報

0972-63-2739
御朱印: 有り(オリジナル御朱印帳あり)

福良天満宮は、臼杵市福良にある神社。うすき赤猫で知られる。昭和57年(1982)公開の『男はつらいよ 花も嵐も寅次郎』では、本神社の境内でロケが行われた。赤猫は臼杵の偉人大塚幸兵衛氏の愛称、ご縁があると何か良い事があるとされる。

祭神

菅原道真

創建

天正年間(1590年頃)

別名

福良宮
天満神社(旧称)
赤猫の神社

札所等

全国天満宮梅風会
豊後国主要天満宮

例祭

春季例祭3月25日
夏季例大祭 7月23日〜25日
例祭 10月25日

神事

赤猫まつり 4月29日(良い福の日)

交通アクセス

JR上臼杵駅より北へ徒歩6分
JR臼杵駅、城北より野津市、臼杵石仏、大分県庁前方面「平清水」下車徒歩3分。

拝観時間

境内自由

拝観料

無料

所要時間

20分

駐車場

有り。県道33号沿いにある龍原寺(三重塔が目印)の横の細道の坂を登って行くと、天満宮の裏手のから境内に入れます。

トイレ

有り

最終編集者 DEN
初編集者 Omairi運営事務局