綾戸国中神社

あやとくなかじんじゃ

京都府京都市南区久世上久世町446

寺社人気ランキング   京都府 390位  |  全国 7168位
1,015 アクセス  |  5 件

継体天皇(在位507~531年)の御代には大堰川(桂川)七瀬の祓神として大井社と称していた。天暦九年(955年)綾戸社と改称され、その後、延喜式内社の國中神社を併合して「綾戸国中神社」と改称された。

基本情報

綾戸國中神社(あやとくなかじんじゃ)は、京都府京都市南区にある神社である。祇園祭は当社と八坂神社との祭礼である。元は綾戸神社・國中神社の二社であったが、後に國中神社が綾戸神社の境内に遷された。それ以降、2つの社殿が並んでいたが、昭和9...

祭神

大綾津日神(おおあやつひのかみ)
大直日神(おおなおびのかみ)
神直日神(かむなおびのかみ)
素盞嗚(すさのおのみこと)

神体

駒形(馬の首の彫り物)

社格

式内社(小)の國中神社の後継社

札所等

乙訓鎮座神社巡り1番

例祭

五月第二日曜日

神事

日本三大祭のひとつである祇園祭は、八坂神社と当社の共同で開催される神事であり、神輿の先導という重要な所役を当社の稚児(久世駒形稚児)が勤め、長刀鉾の稚児も下馬する八坂神社の境内を騎馬のまま参入し、本殿に昇殿する。

交通アクセス

JR京都線「桂川」駅から徒歩約6分
阪急京都線「洛西口」駅から徒歩約15分

最終編集者 Eizo Iwasa 2019/06/24 20:49
初編集者 Omairi運営事務局