横山八幡宮

よこやまはちまんぐう

岩手県宮古市宮町2丁目5-1

寺社人気ランキング   岩手県 35位  |  全国 3800位
9.6K アクセス  |  43 件

創建は、白鳳9年(680年)と伝えられ、この横山は閉伊川の上流から洪水で流されて来た山と言われる。和銅年間(708年~715年)、猿丸太夫は勅勘を蒙むりこの地に遠流され、宮守となった。

基本情報

横山八幡宮(よこやまはちまんぐう)は、岩手県宮古市に存在する神社。旧社格は郷社。盛岡八幡宮と共に、旧盛岡藩領を代表する八幡宮の一つである。

祭神

品牟陀和気命(ほんだわけのみこと 人皇十五代 応神天皇)
豊受姫命(とようけひめのみこと)
天照皇大神(あまてらすすめおおみかみ)

創建

680年(白鳳九年)

交通アクセス

JR山田線 宮古駅より徒歩10分

最終編集者 Eizo Iwasa
初編集者 Omairi運営事務局