平等院 (鳳凰堂)

びょうどういん(ほうおうどう)

京都府宇治市宇治蓮華116

寺社人気ランキング   京都府 4位  |  全国 56位
52,249 アクセス  |  486 件

平等院は永承七年(1052)、関白藤原頼通によって父道長の別荘を寺院に改めて創建された。翌年の天喜元年(1053)に阿弥陀如来を安置する阿弥陀堂が建立され、現在は鳳凰堂と呼ばれている。

基本情報

平等院は、京都府宇治市にある藤原氏ゆかりの寺院。平安時代後期の仏像、絵画、庭園などを今日に伝え、世界遺産に登録されている。宗派は17世紀以来天台宗と浄土宗を兼ね、現在は特定の宗派に属さない単立の仏教寺院となっている。

山号

朝日山

宗派

単立

創建

永承七年(1052)

本尊

阿弥陀如来

開山

明尊

開基

藤原頼通

文化財

鳳凰堂、阿弥陀如来坐像ほか(国宝)

交通アクセス

西日本旅客鉄道(JR西日本)奈良線宇治駅下車 東へ徒歩10分
京阪電鉄宇治線宇治駅(京阪宇治駅)下車 徒歩10分

拝観時間

拝観時間8:30〜17:30
鳳翔館・集印所9:00〜17:00

鳳凰堂内部拝観は拝観人数制限があり、鳳凰堂受付にて予約時間を指定される。5分前に鳳凰堂入口前に集合する事。

拝観料

表門と南門に受付があり、拝観料を支払う
鳳凰堂の内部拝観は別料金となる。

所要時間

1時間以上

駐車場

有り(無料はないが、周辺の有料駐車場)

トイレ

有り

最終編集者 テンキの粉
初編集者 Omairi運営事務局