神宮寺

じんぐうじ

沖縄県宜野湾市普天間1-27-11

寺社人気ランキング   沖縄県 17位  |  全国 4760位
9.0K アクセス  |  18 件

1459年、尚泰久王の命により、住民の祈願所として建立。別の言い伝えとして、中城城主護佐丸の菩提を弔う為に建立されたともいう。

基本情報

普天満山 神宮寺(ふてんまざん じんぐうじ)は、沖縄県宜野湾市にある東寺真言宗の寺院。本尊は聖観世音菩薩。神仏分離以前は隣接する普天満宮の別当寺であった。

山号

普天満山

宗旨

真言宗

宗派

東寺真言宗

創建

1459年

本尊

聖観世音菩薩

開基

尚泰久王

別名

普天満宮別当

札所等

琉球八社

行事

観音祭 旧暦9月9日(重陽)
琉球王朝時代より続く健康祈願の行事。首里の国王が公式参拝として観音祭を催していた事が起源

交通アクセス

バス路線「普天間」下車
普天満宮となり

拝観時間

本堂8:00〜18:00

拝観料

無料

所要時間

15分

駐車場

有り

トイレ

あり

最終編集者 ぶー右衛門
初編集者 Omairi運営事務局