観心寺

かんしんじ

大阪府河内長野市寺元475

寺社人気ランキング   大阪府 10位  |  全国 95位
5,012 アクセス  |  126 投稿

観心寺は、文武天皇の大宝元年(701年)、役小角によって開かれ、初め雲心寺とよばれていた。その後、平安時代の初め大同三年(808年)に弘法大師空海が当寺を訪ねられた時、境内に北斗七星を勧請され、弘仁..

もっと見る

基本情報

観心寺(かんしんじ)は、大阪府河内長野市にある高野山真言宗の寺院。山号を檜尾山と称し、遺跡本山である。本尊は如意輪観音、開基(創立者)は実恵である。仏塔古寺十八尊第十三番。奥河内の観光地の一つ。

山号

檜尾山

宗旨

高野山真言宗

寺格

遺跡本山

創建

701年

本尊

如意輪観音菩薩

開山

役行者

札所等

関西花の寺 第二十五番霊場
仏塔古寺十三番霊場
神仏霊場 大阪十五番
新西国観音 客番霊場
役行者霊蹟札所

文化財

本尊如意輪観音菩薩 (国宝)
金堂(国宝)

行事

節分星祭 2月3日
後村上天皇御国忌 4月6日
献茶祭 4月第1日曜日
秘仏本尊御開扉 4月17,18日
楠公祭 5月20日~26日

交通アクセス

南海高野線及び近鉄長野線「河内長野駅」から南海バス小深線「金剛山ロープウェイ前行」「石見川行」に乗車、「観心寺」下車

拝観時間

9:00~17:00

拝観料

入山料 大人 300円
小中学生 100円
※4月17、18日 御本尊御開扉日は、特別拝観料として700円

駐車場

有り

トイレ

有り

最終編集者 Omairi運営事務局
初編集者 Omairi運営事務局