一宮寺

いちのみやじ

香川県高松市一宮町607番地

寺社人気ランキング   香川県 12位  |  全国 1473位
17.8K アクセス  |  122 件

一宮寺は、大宝年間(701-703)に法相宗の祖、義淵僧正が開いたと伝えられています。当初は大宝院と称していましたが、和銅年間(708-715)に諸国に一宮が建立された時、讃岐一宮の第一別当寺(統括..

もっと見る

基本情報

一宮寺(いちのみやじ)は、香川県高松市一宮町にある真言宗御室派の寺院。四国八十八ヶ所霊場の第八十三番札所。本尊は聖観世音菩薩。ご詠歌:讃岐一 宮の御前に 仰ぎ来て 神の心を 誰かしらいふ

山号

神毫山

院号

大宝院

宗旨

真言宗

宗派

御室派

創建

(伝)大宝年間(701年 - 704年)

本尊

聖観世音菩薩

開基

(伝)義淵

正式名

神毫山 大宝院 一宮寺

別名

一宮さん

札所等

四国八十八ヶ所霊場 第八十三番

行事

毎日受付:写経体験(他行事と重なる日はお休み)
毎月28日:護摩供
節分:厄除星祭り
7月土用の丑:きゅうり加持
8/10:千日会

交通アクセス

琴電(ことでん) 琴平線 - 一宮駅 (0.9km)
バス: ことでんバス 鹿角線「一宮」下車 (0.3km)
一般道:香川県道12号三木国分寺線 一宮 (0.3km)
自動車道:高松自動車道 高松檀紙IC/高松西IC (3.6km)

拝観時間

御朱印・納経時間:7時~17時
授与品頒布時間:8時~17時
納骨堂参拝時間:9時~16時半

拝観料

無料

所要時間

約20分

駐車場

有り(無料)
普通車:40台 大型車:10台

トイレ

有り

最終編集者 一宮寺【公式】
初編集者 Omairi運営事務局