日龍峯寺

にちりゅうぶじ

岐阜県関市下之保4585

寺社人気ランキング   岐阜県 23位  |  全国 1517位
22.3K アクセス  |  48 件

仁徳天皇の昔、両面宿儺が開基、行基菩薩が伽藍を整えたと伝えられる。鎌倉時代尼将軍政子の時、伽藍再興され栄えたが、室町末期の戦乱にて悉く焼失。その後、佐藤氏よる復興をへて江戸時代には尾張藩の保護を受け..

もっと見る

基本情報

日龍峰寺(にちりゅうぶじ)は、岐阜県関市下之保にある高野山真言宗の寺院である。山号は大日山。高澤観音とも呼ばれる。また本堂が京都の清水寺本堂に似た舞台造り(懸崖造)であることから「美濃清水」との異名がある。

山号

大日山

宗派

高野山真言宗

創建

仁徳天皇御宇

本尊

千手観世音菩薩

開基

両面宿儺

札所等

美濃三十三観音霊場第一番札所
中濃八十八ヶ所第六十一番札所

文化財

多宝塔(国重文)

行事

4月17日 秘仏両面宿儺像開扉

交通アクセス

関市より県道58号を東進、旧武儀町に入り約300メートルほどで左折、高沢観音口より約3キロで山頂駐車場へ。

駐車場

有り

最終編集者 monchhichi
初編集者 Omairi運営事務局

日龍峯寺の人気のタグ