大山寺の見どころ

たいさんじ

徳島県板野郡上板町神宅字大山14-2

投稿
44 0 88
2ヶ月前
大山寺,見どころ,ボブ

四国別格二十霊場第1番 上板町の大山寺です。
西暦500年頃、武烈天皇・継体天皇の時代に西範僧都が開基した阿波国最初の仏法道場であると伝えられています。
弘法大師が阿波入国の際、堂塔を整えられ仏王の山号を奉り、恩師恵果和尚より授かった千手観世音菩薩を奉安し、当山を拠点に四国霊場を開創されました。
寿永三年(1184年)、源義経公は屋島合戦の際に、奥の院を訪ね勝利を祈願し、戦勝後に三宝荒神像、初音のつづみ、愛馬「薄雪」などを寄進したと伝えられています。建立し、本尊の御加護にむくわれました。
源義経一行は平家討伐の折、当寺に必勝祈願をし、勝利のあと三宝荒神像・初音のつつみ・愛馬薄雪を寄進したと伝えられています。(1999/3/20)
※フィルム写真をスキャンしたため、画質が悪くなっています。御朱印は過去に投稿済です。