松尾観音寺

まつおかんのんじ

三重県伊勢市楠部町156番地6

寺社人気ランキング   三重県 55位  |  全国 3852位
2,330 アクセス  |  9 件

龍池山松尾観音寺は、奈良時代初期(712年)当時の高僧行基が伊勢神宮参拝の折、この松尾山に雄・雌の龍が住むと伝えられる池があることを知り、その池のほとりに自ら観音様を刻み寺を創建したのが始まりです。

基本情報

松尾観音寺(まつおかんのんじ)は、三重県伊勢市にある仏教寺院。山号は龍池山。特定の宗派に属さず、本山も末寺も持たない単立寺院である。「日本最古の厄除観音」とされ、厄除けの寺院として伊勢市及びその周辺地域の住民に親しまれ、「初午大祭」に...

山号

龍池山

宗派

単立

本尊

十一面観世音菩薩

最終編集者 Eizo Iwasa 2019/05/06 18:11
初編集者 Omairi運営事務局