阿弥陀寺

あみだじ

宮城県仙台市若林区新寺3-5-3

寺社人気ランキング   宮城県 79位  |  全国 6896位
1,054 アクセス  |  0 件

建治3年(1277年)に奥州巡化に来た一遍を開山として、伊達政依が陸奥国伊達郡梁川村(現在の福島県伊達市梁川町)において創建する。伊達氏に伴って、岩出山、仙台城下と移転し、仙台藩2代目藩主・伊達忠宗..

もっと見る

基本情報

022-256-3825
御朱印: 有り

阿弥陀寺(あみだじ)は、宮城県仙台市若林区新寺3丁目にある時宗の寺院。本尊は阿弥陀如来。仙台三十三観音霊場第17番札所にあたり、観音堂の本尊は正観音。山号は法王山、院号は正覚院。江戸時代の寺領は24石。 開山は時宗開祖の一遍上人。

宗派

時宗

創建

建治3年(1277年)

本尊

阿弥陀如来

開山

一遍上人

開基

伊達氏四代目当主 伊達政依

正式名

法王山 正覚院 阿弥陀寺

札所等

仙台三十三観音霊場第17番

交通アクセス

JR仙台駅より徒歩15分

最終編集者 Eizo Iwasa 2019/04/25 17:01
初編集者 Omairi運営事務局