配志和神社

はいしわじんじゃ

岩手県一関市山目館56

寺社人気ランキング   岩手県 28位  |  全国 2919位
11.5K アクセス  |  54 件

景行天皇の御代、皇子日本武尊詔を奉じて軍を率い、蝦夷の地へ遠征する。その途次、当地に立ち寄り、戦勝を祈り、自ら矛を収め三神を鎮齋し、祠を建て火石輪(ほいしわ)と称した。

基本情報

祭神

高皇産霊尊(たかみむすびのみこと)
瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)
木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)

社格

式内社(小)、旧県社

交通アクセス

岩手県交通「配志和神社前」バス停下車、境内入口の駐車場まで徒歩5分
東磐交通「宮下町」バス停下車、境内入口の駐車場まで徒歩約3分
境内入口の駐車場から拝殿まで急坂約300m徒歩約10分

車では、旧国道4号(県道一関平泉線)から一の鳥居を通って、境内入口の駐車場まで、もしくは、更に裏参道を忠魂碑前の駐車場まで。但し、裏参道は狭くて対向車との離合困難なので要注意。忠魂碑前駐車場から徒歩1分

駐車場

上と下に有り(運転に自信のない方は下の駐車場に車を駐めて、歩いて登る)

最終編集者 Eizo Iwasa
初編集者 Eizo Iwasa 2018/10/09 16:47