ジード のおまいり

2018年9月から諸国一宮、別表神社を中心に参拝を始めました。休日は専ら御朱印帳片手に出掛けています。最近は地元の神社やお寺の参拝も初めました。
記念として昔の投稿も行っていきたいと思います

2019年3月 全国一宮発願(2028年結願予定)
2019年11月 宇佐神宮六郷満山霊場結願
投稿
18 0 35
約13時間前
坂本八幡宮,見どころ,ジード

坂本八幡宮の拝殿です。夕方近かったですが、参拝者が一向に絶えません。
令和の影響は凄いなと改めて感じました。神社の方も色々対応されていました。来年の初詣も令和初の正月という事で、参拝客で賑わいそうです。

訪問日2019/12/08
16 2 39
約13時間前
坂本八幡宮,見どころ,ジード

社務所が拝殿横に新設されていました。
6月に参拝した際は、手前のテントハウスで御朱印を拝受しました。

訪問日2019/12/08
19 0 35
約13時間前
坂本八幡宮,見どころ,ジード

以前の参拝時にはなかった令和の石碑が、境内左側に新しく建てられていました。

訪問日2019/12/08
18 10 41
約13時間前
坂本八幡宮,見どころ,ジード

神社に着くなり一つの変化がありました。小バカにしてるのかと思われるかもですが、6月の写真を一緒に載せますので探してみて下さい。
(難易度レベル0.1の間違い探しですね)

訪問日2019/12/08
18 2 41
約13時間前
坂本八幡宮,見どころ,ジード

福岡太宰府市の坂本八幡宮を参拝しました。
6月に続いて2回目の参拝です。
ご承知の通り‘’令和ゆかりの地‘’として一躍有名になった神社です。今回は参拝の他に参拝者数の状況、神社の変化等が気になって再訪しました。

訪問日2019/12/08
19 0 24
約13時間前
若狭彦神社 下社     (若狭姫神社),御朱印,ジード

若狭彦神社(若狭姫神社)の御朱印です。一宮御朱印帳に頂きました。

訪問日2019/11/23
20 2 32
約13時間前
若狭彦神社 下社     (若狭姫神社),見どころ,ジード

若狭姫神社の神門です。奥に本殿があります。いずれも県の有形文化財に指定されています。高く聳え立つ千年杉の存在感が凄いです。

訪問日2019/11/23
18 0 25
約13時間前
若狭彦神社 下社     (若狭姫神社),見どころ,ジード

若狭より京都へ海産物や物資を運んでいた鯖街道(若狭街道)に建てられていた石灯籠です。
昭和40年代、交通事情により境内に移築されたそうです。

訪問日2019/11/23
18 0 23
約13時間前
若狭彦神社 下社     (若狭姫神社),見どころ,ジード

楼門側面には、江戸時代に使用されていた鳥居額が掛けられています。徳川慶喜の外祖父、有栖川宮第6代当主である有栖川宮織仁親王の御筆とされています。

訪問日2019/11/23
20 0 26
約13時間前
若狭彦神社 下社     (若狭姫神社),見どころ,ジード

若狭姫神社の楼門(随神門)です。
写真を撮り忘れましたが、楼門に安置してある随身は、御祭神降臨の際にお供をされた神々であるそうです。

訪問日2019/11/23
20 0 24
約13時間前
若狭彦神社 下社     (若狭姫神社),見どころ,ジード

福井県小浜の若狭姫神社を参拝しました。若狭国一宮である若狭彦神社には上社と下社があり、下社は若狭姫神社とされ、祭神に豊玉姫命(若狭姫大神)が祀られています。創建は、元正天皇の養老5年(721年)、豊玉姫命を遠敷の里に奉祀したのが始まりと云われています。古来は、若狭国の二宮とされていましたが、927年に編纂された延喜式神名帳には、‘’若狭比古神社 二座 名神大‘’と記載されているように上社と下社とを合わせて「若狭彦神社」と尊称しています。以前の祭事は上社で執り行われていましたが、現在ではほとんどの祭事は下社である若狭姫神社で行われており、神職も下社にのみ常駐しているそうです。

訪問日2019/11/23
26 0 83
3日前
大神神社,見どころ,ジード

大神神社の本殿です。サーチ不足というか唐突の参拝でしたので、御朱印は頂いていません。(宮司宅で頂き、事前連絡が必要な様です)
またの機会に参拝したいと思います。

訪問日2019/11/23
25 0 66
3日前
大神神社,見どころ,ジード

境内社の招魂社です。大神神社には六社の境内社が鎮座します。

訪問日2019/11/23
25 0 63
3日前
大神神社,見どころ,ジード

拝殿横には神馬が安置されています。

訪問日2019/11/23
26 0 62
3日前
大神神社,見どころ,ジード

大神神社の拝殿です。
天正12年(1584年) に浅井田宮丸の戦乱で大神神社の本殿などの建造物は焼失してしまいます。当時は8町余の神域を誇った大社でしたが、社殿の焼失で神社の記録が消滅してしまった為、盛んであったことが不明のままになってしまい、時が経つにつれ、一宮としての存在が人々から忘れられてしまったそうです。

訪問日2019/11/23
25 0 64
3日前
大神神社,見どころ,ジード

拝殿前の狛犬です。新旧で二対安置されています。

訪問日2019/11/23
23 5 71
3日前
大神神社,見どころ,ジード

大神神社の創建に関しては、不明とされています。平安中期に編纂された辞書、‘’和名類聚抄‘’には、大神神社が鎮座するこの地は美和と書かれています。 古くは美和郷といい「美和族、当地に移り、その祖大物主神を起る。当地を美和の庄という」と記しています。この地は杉の木が繁茂し、土地の人から霊浦地として崇められてきました。 大和の三輪明神も杉を御神木としています。
尾張一宮市の南にある清洲町の西に美和町がありますが、ここも美和郷だったと云われています。 その伝えが本当であれば、三輪族は相当に広い地域を勢力化においていた事になります。一方で大美和都禰命を奉斎する尾張氏の関係氏族が祭祀を担ったとされる説もあります。

訪問日2019/11/23
24 0 61
3日前
大神神社,見どころ,ジード

愛知県一宮の大神神社を参拝しました。真清田神社と同じく尾張国一宮、祭神は奈良大神神社と同じく大物主神を祀ります。住宅街の中にある神社です。

訪問日2019/11/23

最近訪れた寺社