まこと のおまいり

大阪・京都・奈良の神社、お寺を主に巡ってます。
投稿
7 0 91
19日前
石上神宮,御朱印,まこと

石上神宮(いそのかみじんぐう)
二十二社 中七社
御祭神 
布都御魂大神 
布留御魂大神
布都斯魂大神

訪問日2020/08/22
5 0 28
19日前
石上神宮,見どころ,まこと

石上神宮は、日本最古の神社の一つで、武門の棟梁たる物部氏の総氏神として古代信仰の中でも特に異彩を放ち、健康長寿・病気平癒・除災招福・百事成就の守護神として信仰されてきました

4 0 26
19日前
石上神宮,見どころ,まこと

楼門は工事中でした。

6 0 23
19日前
石上神宮,見どころ,まこと

石上神宮への御崇敬が厚かった第72代白河天皇が、当神宮の鎮魂祭(ちんこんさい)のために、永保元年(1081)に宮中の神嘉殿(しんかでん)を寄進されたものと伝えられています。建築様式の区分では鎌倉時代初期の建立と考えられます。いずれにしても拝殿としては現存する最古のものであり、国宝に指定されています。

6 0 22
19日前
石上神宮,見どころ,まこと

出雲建雄神社拝殿 国宝
元来は内山永久寺(うちやまえいきゅうじ)の鎮守の住吉社の拝殿でしたが、大正3年に現在地に移築されました。

5 0 21
19日前
石上神宮,見どころ,まこと

摂社 出雲建雄神社
延喜式内社で、草薙剣(くさなぎのつるぎ)の荒魂(あらみたま)である 出雲建雄神(いずもたけおのかみ)をお祀りしています。

5 0 72
22日前
大和神社,御朱印,まこと

大和神社の御朱印です。

訪問日2020/08/22
3 0 20
22日前
大和神社,見どころ,まこと

大和神社(おおやまとじんじゃ)
御祭神は日本大國魂(やまとおおくにたま)大神です。
奈良時代、朝廷の命により、唐の国へ渡って学ぶ唐遣使が、出発に際して、当社に参詣し、交通安全を祈願された。また、「戦艦大和」の守護神として、艦内に祀られていました。

訪問日2020/08/22
5 0 65
22日前
大和神社,御朱印,まこと

高龗神社(たかおおかみじんじゃ)の御朱印です。

訪問日2020/08/22
4 0 20
22日前
大和神社,見どころ,まこと

摂社 高龗神社(たかおおかみじんじゃ)
水の龍神をお祀りする神社として、祈雨神祭について全国総本社となっています。

訪問日2020/08/22
4 0 60
22日前
大和神社,御朱印,まこと

増御子神社の御朱印です。

訪問日2020/08/22
3 0 26
22日前
大和神社,見どころ,まこと

大和神社
摂社 増御子神社
御祭神 
猿田彦神、天鈿女命(あまのうすめ)、神武天皇の功臣、椎根津彦の子孫、市磯長尾市氏命を祀る

訪問日2020/08/22
3 0 61
22日前
久米寺,御朱印,まこと

西国四十九薬師霊場
第七番のバインダー式の御朱印

訪問日2020/08/22
3 0 59
22日前
久米寺,御朱印,まこと

西国四十九薬師霊場
開創三十周年記念
金紙薬宝印

訪問日2020/08/22
2 0 25
22日前
久米寺,見どころ,まこと

梵字が刻まれた弘法大師の石

訪問日2020/08/22
4 0 28
22日前
久米寺,見どころ,まこと

多宝塔( 重要文化財) -
万治2年(1659年)京都・仁和寺より移築されたもので、桃山様式を残す

訪問日2020/08/22
1 0 24
22日前
久米寺,見どころ,まこと

久米仙人は、仙術で空を飛んでる時に川で洗濯している娘のふくらはぎに見とれて神通力を失い落ちてしまったとか、その後、その娘と結婚されたという伝説があります。

訪問日2020/08/22
3 0 25
22日前
久米寺,見どころ,まこと

本堂
本尊は薬師如来坐像。
開基は、聖徳太子の弟の来目皇子(くめのみこ)ともいうが未詳です。
『扶桑略記』や『今昔物語集』においては久米仙人により創建されたと伝えられています。

訪問日2020/08/22

最近訪れた寺社