アゲハ のおまいり

半世紀以上の生きた化石なので、なにも期待しないでくださいね。
omiriに参加させて頂き色々と見えて来たことがあり、私なりに、やってみたいと思います。
問題児になるやもしれませんが、もう出ていけと云われる迄常識という枠を外させてもらうかも・・・

ポチッとは、フォローは無理にしなくてもお気に入りだけでも良いですよ。

http://10410san.blog.fc2.com/
「爺のギャラリー光と影へようこそ!」
五つあったブログの内、最後に残しておいた花や風景写真関連のブログです。
今は廃業してますが、ブログは生きていますので、ご覧になりたい方は、どうぞ!!
ホンマは載せたくなかったんだけれど、突き上げがあり公開します。
投稿
32 0 90
1日前
賀茂御祖神社  (下鴨神社),見どころ,アゲハ

【昔の写真ででています。下鴨神社編】

糺の森「賀茂御祖神社」社号碑と鳥居
この河合神社は別名「女性守護 日本第一美麗神の神社」。
そう、この神社は「女性のための神社」なんです。🤗
そのご利益は「美容、安産、育児、縁結び!」
女性の悩みの全てを解決してくれる神様として近年大人気のパワースポットです。😃

31 0 82
1日前
賀茂御祖神社  (下鴨神社),見どころ,アゲハ

【昔の写真ででています。下鴨神社編】
糺の森下鴨神社摂社河合神社の神門と鳥居

27 0 75
1日前
賀茂御祖神社  (下鴨神社),見どころ,アゲハ

【昔の写真ででています。下鴨神社編】
下鴨神社摂社河合神社の舞殿
糺の森の南に鎮座する河合神社は下鴨神社の摂社のひとつ。
玉依姫命(たまよりひめみこと)を祀っていて、女性を守護する神様で、別名「日本第一美麗神」と呼ばれるほど「美しい神様」と言われています。

24 0 70
1日前
賀茂御祖神社  (下鴨神社),見どころ,アゲハ

【昔の写真ででています。下鴨神社編】
糺の森 まだ葉が茂っていた頃の御神木です。

26 0 67
1日前
賀茂御祖神社  (下鴨神社),見どころ,アゲハ

【昔の写真ででています。下鴨神社編】
下鴨神社 糺の森
鴨長明が歌に詠んだ瀬見の小川が流れる糺の森。現在の広さは東京ドーム3個分だそうです。

26 2 71
1日前
賀茂御祖神社  (下鴨神社),見どころ,アゲハ

【昔の写真ででています。下鴨神社編】
下鴨神社 糺の森と御手洗側の南口鳥居
糺の森の参道を歩いてたどりつくのがこの鳥居。
葵祭りのときは、馬上の人々もここで馬を下り、境内に向かう。

28 0 64
1日前
賀茂御祖神社  (下鴨神社),見どころ,アゲハ

【昔の写真ででています。下鴨神社編】

御手洗(みたらし)。
糺の森(ただすのもり)のヌシと呼ばれていた樹齢600年のケヤキで作られた樋(とい)から、冷たくて気持ちの良い水が流れ、舟形磐座石に注ぎます。

御手洗は、もともとは、ここらしい。

25 0 62
1日前
賀茂御祖神社  (下鴨神社),見どころ,アゲハ

【昔の写真ででています。下鴨神社編】
楼門の手前で、『さざれ石』を発見

21 0 61
1日前
賀茂御祖神社  (下鴨神社),見どころ,アゲハ

【昔の写真ででています。下鴨神社編】

『連理の賢木』糺の森整域で生まれる不思議な木で、縁結びの御神木としてこの頃も有名だった。
ご神木の連理の賢木(れんりのさかき)は、2本の木が途中から1本に結ばれて、縁結びの象徴になっている。
後ろにある絵馬だが、縁結びの授与所で御朱印を頂くと、一緒にもらえるらしい。

23 0 59
1日前
賀茂御祖神社  (下鴨神社),見どころ,アゲハ

【昔の写真ででています。下鴨神社編】
『下鴨神社境内社、相生社』
此方も縁結びの神。神皇産霊神(かむむすびのかみ)を祀る。
ご神木の連理の賢木、縁結び最強の神、神皇産霊神とくれば、京都屈指の縁結びのパワースポットになっちゃうのも道理です。
夫婦らしい石像が右側に今はあるが、平成21年当時はなかった。

23 0 60
1日前
賀茂御祖神社  (下鴨神社),見どころ,アゲハ

【昔の写真ででています。下鴨神社編】

『楼門』

朱が鮮やかな高さ13mの堂々とした門。左右に廻廊が伸びる。
現存の「楼門」は寛永5年(1628年)に建て替えられたもの。

23 0 57
1日前
賀茂御祖神社  (下鴨神社),見どころ,アゲハ

【昔の写真ででています。下鴨神社編】

『舞殿』   

葵祭当日は、ここで勅使が祭文を神に捧げるほか、日本最古の歌舞といわれる「東遊」の舞が奉納される。
下鴨神社の中で特別な殿舎ではないように思われるが、目を引く場所に建てられているために印象に残る建物である。
現存の「舞殿」は寛永5年(1628年)に建て替えられたもの。

22 0 53
1日前
賀茂御祖神社  (下鴨神社),見どころ,アゲハ

【昔の写真ででています。下鴨神社編】

『神服殿』
古来殿内の一室が行幸の時に玉座となった殿舎です。
夏、冬の御神服を奉製する御殿であったため、神服殿という名前がついています。

21 0 54
1日前
賀茂御祖神社  (下鴨神社),見どころ,アゲハ

【昔の写真ででています。下鴨神社編】

『細殿』

歌会、茶会などが行われる殿舎です。
平安時代の『神殿記』にも「細殿」の記録があり、歴代天皇の行幸、上皇、法皇、院、関白の賀茂詣の時に、歌会などが行われた社殿です。

21 0 53
1日前
賀茂御祖神社  (下鴨神社),見どころ,アゲハ

【昔の写真ででています。下鴨神社編】

『橋殿』

橋殿(はしどの)は、「御蔭祭」(みかげまつり)の際に御神宝を奉安する御殿。
9月の「名月管絃祭」や正月の神事などで神事芸能が奉納される社殿(重要文化財)。

22 2 56
1日前
賀茂御祖神社  (下鴨神社),見どころ,アゲハ

【昔の写真ででています。下鴨神社編】

御手洗社(みたらししゃ)の御手洗(みたらし)舟形磐座石に流れ落ちる音が心地よい。

20 0 51
1日前
賀茂御祖神社  (下鴨神社),見どころ,アゲハ

【昔の写真ででています。下鴨神社編】

『御手洗社(みたらししゃ)』
井戸の上に建てられていることから「井上社」ともよばれており、本殿の東側に位置している。

ご祭神:瀬織津姫命(せおりつひめ)祓いの神、水の神、滝の神、流れのはやい川の神、海の神である。
瀬織津姫命は、神道の大祓詞(おおはらえことば)に「祓戸四神」の筆頭として登場する女神。
しかし、古事記や日本書紀には登場しない。
それは、記紀編纂以来のタブーである「天照大御神は男神」の領域に入ってしまうことから、謎めいた女神であり、それがまた好奇心をくすぐるのである。
社殿の向拝彫刻もアクセントになっている。

21 0 48
1日前
賀茂御祖神社  (下鴨神社),見どころ,アゲハ

【昔の写真ででています。下鴨神社編】

御手洗川の社の前の池は「みたらしの池」とよばれ、毎年7月の土用丑の日には多くの人がこの池に足を入れ厄除け、病除けを祈るという「足つけ行事」が行われる。

また、この池に湧く水の泡を人の形にかたどったのが「みたらし団子」で、ここがそれの発祥の地という。
そのため、井上社には、【加茂みたらし茶屋】の名前が入った提灯が下がっている。(今も続いているようだ)

最近訪れた寺社

訪れたエリア

  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
  • a
  • b
  • c
  • d
  • e
  • f
  • g
  • h
  • i
  • j
  • k
  • l
  • m
  • n
  • o
  • p
  • q
  • r
  • s
  • t
  • u