春日野 のおまいり

日本史に関わる神社仏閣を訪ねるのが好きです。
頂いた拝観券を参拝記念として保存しています。
参拝した社寺は1社寺1投稿とさせて頂きます。
宜しくお願い致します。
2018年6月26日初投稿
投稿
9 0 34
2日前
諏訪大社 上社本宮,見どころ,春日野

徒歩で上諏訪から反時計回りに諏訪湖の周囲を巡り、下社秋宮→下社春宮を経て上社本宮へ参拝させて頂きました。
ここ上社本宮には建御名方神様、近くの上社前宮と湖の反対側の下社には妃神様である八坂刀売神様がお祀りされております。
この夫婦神様は普段は諏訪湖を挟んで互いに鎮座されておられますが、何年かに一度、冬季に諏訪湖が全面凍結すると、その氷上を渡って逢瀬を楽しまれることがあります。
それをこの地では古来から御神渡りと言います。
因みに平成30年の冬は5年ぶりに御神渡りが観測されました。
#一宮

訪問日2016/05/28
9 0 30
2日前
諏訪大社 下社秋宮,見どころ,春日野

徒歩で上諏訪から反時計回りに諏訪湖の周囲を巡り、最初に下社秋宮に参拝させて頂きました。
諏訪大社は諏訪湖の南と北にそれぞれ、上社と下社に分かれ、更に上社は本宮と前宮、下社は秋宮と春宮に分かれています(二社四宮)。
境内の拝殿周囲には御柱祭で運ばれた巨大な御柱が四本立てられており、それぞれ一之御柱、ニ之御柱、三之御柱、四之御柱と言います。
一之御柱が一番巨大で重く、四之御柱が一番軽いそうです。
因みに上社本宮の一之御柱が一番巨大で約15トン程あり、四之御柱が10トン程。
下社は総じて8〜6トン程だそうです。
諏訪大社は二社四宮なので計16本の御柱が御柱祭で運ばれます。
#一宮

訪問日2016/05/28
13 0 53
5日前
大樹寺,見どころ,春日野

岡崎城を見学した後、歴代徳川将軍の等身大位牌で有名な大樹寺へお伺い致しました。
ここは桶狭間の戦いの時、織田軍の追撃の中を命からがら岡崎へと退却した松平元康公が保護を求めて入ったお寺です。
しかし、お寺は織田軍に包囲され、自害を決意しましたが、住職に諭され浄土教の説く「厭離穢土 欣求浄土」の実現のため、乱世を生き抜く決意を固めたそうです。
元康公は今川氏からの独立後、家康と名を改め、厭離穢土 欣求浄土を旗印に天下統一へ歩み始めました。
因みに大樹寺の名である「大樹」とは将軍の唐名で、家康の祖先が一族から武家を束ねる者が輩出される事を願って菩提寺建立の際に名付けたそうです。

訪問日2017/11/19
15 0 63
5日前
大谷寺,見どころ,春日野

日本最古の磨崖仏で有名な大谷寺へ参拝させて頂きました。
軽石凝灰岩(大谷石)の岩陰に彫られた磨崖仏は千手観音立像、薬師三尊像、釈迦三尊像、阿弥陀三尊像の四組十体で、このうち最古の平安初期作と伝わる高さ約4メートルの千手観音立像が御本尊です。
この千手観音像は弘法大師作と伝わりますが、近年の研究では一時下野薬師寺に住した鑑真の弟子如宝が造立に携わったという説もあるそうです。
如宝はサマルカンド出身のソグド人で孤児でしたが、鑑真に拾われ後に弟子となり共に来朝した人で、唐招提寺金堂を造営された方です。
#坂東三十三箇所

訪問日2018/09/15
10 0 59
8日前
湯島聖堂,見どころ,春日野

日曜日にお伺いしたので大成殿が開扉されておりました。
殿内には孔子様をお祀りする厨子の他、釋奠の時の祭壇が展示されており、爵(しゃく)、犠尊(ぎそん)、象尊(ぞうそん)など、古代中国の青銅器の流れを汲む祭器が並べられており、我が国とは違う文化を垣間見ました。
因みに過去に訪問した時は殿内拝観無料でしたが、現在は志納200円をお納めして、由緒書きを頂くシステムになった様です。

訪問日2017/04/02
11 0 62
8日前
豊川稲荷(妙厳寺),見どころ,春日野

秋季大祭の日にお伺いしました。
この日、僧侶や稚児、雅楽を奏でる職衆、御輿を担ぐ檀家衆など、大勢の人々で構成された練り行列が法堂を出発し、散華や閼伽水を撒きならがら、本殿参道にある鳥居を潜り、御祈祷のため吒枳尼真天様(お稲荷様)をお祀りする本殿へと進みました。
古来から神仏習合を守る寺院の貴重な祭礼を拝見させて頂きました。
#東海三十六不動尊霊場

訪問日2017/11/19
11 0 72
8日前
熊野神社,見どころ,春日野

府中市にある熊野神社は社殿の背後に7世紀中葉〜後半に築造された上円下方墳があり、近年外観が往時の姿に復元され、葺石で覆われています。
境内入口には発掘で出土した古墳の副葬品を展示した収蔵館があり、かつてここが武蔵国の中心であった事が分かりましす。
現在、古墳は国の史跡に指定されています。

訪問日2018/06/03
11 0 62
10日前
總持寺,見どころ,春日野

境内の広さは関東随一と言っても過言ではない程の規模で、各建物も非常に巨大でした。
この写真の釈迦如来様をお祀りする仏殿の右方には境内で一番大きな大祖堂があり、緑青の美しい大屋根は東海道線から良く見えます。
又、文化財を展示公開している嫡々庵では貴重な寺宝を拝観させて頂きました。

訪問日2018/06/24
10 0 75
10日前
安国寺,見どころ,春日野

ここは奈良時代に日本三戒壇の一つが設置された官寺で、当初は下野薬師寺と呼ばれていましたが、律令制の衰退と共に衰え、鎌倉期の中興を経て、室町期に安国寺と名を改め、現在に至るそうです。
かつて下野薬師寺の戒壇が有った位置には江戸時代に建立された六角堂が建ち、我が国で戒壇の設立に尽力された、鑑真和上の御影をお祀りしています。
この六角堂の後方には奈良時代の廻廊の一部が復元され、近隣の下野薬師寺歴史館には発掘調査で出土した瓦や風鐸など貴重な資料が展示されており、往時の壮麗な姿を偲ぶことが出来ました。

訪問日2018/09/08
9 0 73
11日前
一之宮貫前神社,見どころ,春日野

上野国の一之宮貫前神社へ参拝いたしました。
ここは下り宮として有名ですが、本殿の造りも非常に特徴あり。
外観は春日造に似てますが、日本唯一の貫前造と呼ばれる単層二階建て構造で、二階部分に御神体をお祀りしているそうです。
又、正面の妻部分には雷神小窓と呼ばれる正方形の小窓があり、ここは雷神様が出入りする為のものだそうです。
境内には宝物館を併設しており、鹿占習俗など珍しい神事の展示が見応えがありました。
#一宮

訪問日2018/09/09
7 0 64
13日前
東慶寺,見どころ,春日野

紫陽花の時期にお伺いしましたが、ここは菖蒲が美しいお庭もあり、お茶席で庭園を見ながらお抹茶を頂きました。
又、菖蒲田の側にある松岡宝蔵では貴重な寺宝を拝観させて頂きました。

訪問日2017/06/17
7 0 86
13日前
東南院,見どころ,春日野

お伺いした日、吉野山全体の山桜はまだ三分咲きでしたが、ここ東南院の枝垂れ桜は見事に咲き誇っており、多宝塔に彩りを添えていました。

訪問日2017/04/07
10 1 71
13日前
報国寺(竹の寺),見どころ,春日野

このお寺の別名の由縁ともなっている竹ですが、境内に設けられた茶席から、その見事な竹林を鑑賞しながら抹茶を頂きました。
竹林の中の小径には苔むした石仏などあり、非常に趣きのある風情を醸し出していました。

訪問日2015/11/03
9 0 61
13日前
建長寺,見どころ,春日野

年に一度の宝物風入の日に参拝させて頂きました。
雄大な山門が澄み切った秋空を背景にして、一際映えていました。
本坊内では貴重な宝物を拝見させて頂くとともに、この日特別に振る舞われた「けんちん汁」を賞味させて頂きました。
本格的な精進料理のため、昆布出汁ベースのシンプルな味わいでした。

訪問日2015/11/03
9 0 60
13日前
円覚寺,見どころ,春日野

年に一度の宝物風入の日に参拝させて頂きました。
この日、普段は間近で見られない国宝の舎利殿をかなり近くまで行って見ることが出来ました。
又、方丈では貴重な宝物を拝見しました。

訪問日2015/11/03
7 0 54
13日前
遊行寺,見どころ,春日野

参拝に伺った日、境内の大銀杏が葉を沢山散らして、地面に黄色い絨毯を作っていました。
宝物館では国宝一遍聖絵の特別展が開催されており、貴重な史料を拝見させて頂きました。

訪問日2015/12/12
7 0 94
20日前
小野神社,見どころ,春日野

ジブリ映画、耳をすませばの舞台となった聖蹟桜ヶ丘の駅から程近い住宅地の中にある神社です。
社叢林に囲まれた真っ赤な社殿が印象的でした。
#一宮

訪問日2018/08/26
8 0 79
21日前
氷川女体神社,見どころ,春日野

現在は干拓されていますが、昔この地には見沼という広大な湖が広がっており、この神社は湖のほとりの丘に鎮座していました。
神社の手前を享保の改革の時に造られた、見沼代用水が流れ、赤い橋を隔てて南側に、磐船祭祀遺跡が保存されています。
#一宮

訪問日2018/08/26

最近訪れた寺社