ゆうこりん のおまいり

私の住まいは一宮です。そして全国一の宮の御朱印を集めながらも、多方面に参拝しては御朱印をいただいてます。
投稿
11 5 46
1日前
津島神社,見どころ,ゆうこりん

こちらは、楼門側にある鳥居です。

訪問日2018/02/08
11 0 29
1日前
津島神社,見どころ,ゆうこりん

東門に楼門があります。ところが正門には南門があります。
天正19年(1591年)豊臣秀吉の寄進で、重要文化財です。社殿の配置上此の位置は脇門となりますが江戸時代まで、神社東側に天王川が流れ、東約100mの馬場町の大銀杏の所にお旅所があり、この門を通り神輿渡御が行われていたため、神橋を構えあたかも正門の如き壮大な楼門が建立されたそうです。

訪問日2018/02/08
9 0 29
1日前
津島神社,御朱印,ゆうこりん

津島神社の御朱印です。

訪問日2018/02/08
11 2 45
1日前
津島神社,見どころ,ゆうこりん

拝殿、本殿です。
津島神社は「牛頭天王社(ごずてんのうしゃ)」とも呼ばれ、京都の八坂神社と並ぶ天王社として崇められています。また、全国に3000以上も点在する津島神社の総本社でもあります。
織田・豊臣・徳川から格別の崇敬を受けたことがあるそうで、社殿は、桧皮葺(ひわだぶき)の屋根、そして朱塗りの柱ととても目を引く造りになってます。

訪問日2018/02/08
9 0 32
1日前
津島神社,見どころ,ゆうこりん

こちらは南門になります。
慶長3年(1598年)豊臣秀吉の病気平癒の為、子秀頼が寄進したもので、県の文化財に指定されています。

訪問日2018/02/08
9 0 30
1日前
津島神社,見どころ,ゆうこりん

津島市にある津島神社にきました。
建速須佐之男命と大穴牟遅命を御祭神とし、1450余年の歴史を誇る天王さまの総本社です。

訪問日2018/02/08
9 0 54
4日前
漆部神社,御朱印,ゆうこりん

漆部神社の御朱印です。
手書きではなく判のものでした。

9 0 46
4日前
漆部神社,見どころ,ゆうこりん

参道には「きよめはし」があります。そして、拝殿。
御祭神は三見宿称命(みつみのすくねのみこと)です。
尾張国開拓祖神天の火明命五世の孫で、漆器・塗料に関する商工芸の守護神です。
また、他に御祭神として、相殿八大明神、相殿木花咲耶姫命もあります。

9 0 35
4日前
漆部神社,見どころ,ゆうこりん

甚目寺と隣接する漆部神社です。
かつては甚目寺の鎮守社であったそうで、明治時代の神仏分離で境内を分けました。 漆、漆器の神社です。

8 0 32
4日前
漆部神社,見どころ,ゆうこりん

甚目寺と隣接する漆部神社です。こちらは甚目寺境内からの鳥居です。

9 0 43
5日前
大徳院,見どころ,ゆうこりん

境内にある(本堂と向かい合う形で正面にあります)願かけえびす大黒天です。
こちらに本堂で自分の首にかけて念じた紐を男性なら大黒様に、女性ならえびす様にかけます。

8 0 38
5日前
大徳院,見どころ,ゆうこりん

本堂のおもてに置いてある、こちらの紫色の紐は、自分の首にかけて、本堂前にて念じ、その後境内にある願かけえびす大黒天にかけることで願い事が成就するそうです。
男性は大黒様に女性はえびす様に紐をかけます。

10 0 43
5日前
大徳院,御朱印,ゆうこりん

えびす大黒 大徳院の御朱印です。

10 0 37
5日前
大徳院,見どころ,ゆうこりん

本堂のおもてにある恵比寿天と大黒天です。
こちらには心の迷い・悩みを赤い紙に記入し、仏様に貼って念じるそうです。

10 0 32
5日前
大徳院,見どころ,ゆうこりん

本堂です。
建久7年、地域住民の加護と繁栄を祈念するために源頼朝により、恵比寿天と大黒天の二尊像が奉安されました。
五穀豊穣と漁業繁栄の祈願所として深く信仰を集めたそうです。

10 0 37
5日前
大徳院,見どころ,ゆうこりん

甚目寺の東側にある、えびす大黒の大徳院です。
598年に創建されました。

8 0 35
5日前
甚目寺,見どころ,ゆうこりん

十王堂です。御本尊は閻魔大王です。

9 0 36
5日前
甚目寺,見どころ,ゆうこりん

明王堂です。御本尊は烏枢沙摩明王です。

最近訪れた寺社